日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社員参加型PRの効果

「コニカミノルタマン」って誰だ?特命プロジェクトでPR動画を制作の理由

コニカミノルタ「コニカミノルタマン」シリーズ

コニカミノルタが2011年度から制作しているウェブ動画「コニカミノルタマン」では、目に見えにくい業務を擬人化。「感動した」「泣ける」とウェブ上で評判を呼んだ。社員が登場する動画も制作し、自社の理解やインナーの活性化にもつなげている。



コニカミノルタマンって誰?

「あの!なんで私の企画ダメなんですか⁉」「あなたの企画はただやりたいことを並べただけ。大体何よこの企画書、紙の無駄が多すぎる」─厳しい女上司・山本の課すタスクに、深夜ひとり取り組む若手女性社員・草薙。その仕事をそっとフォローする、ブルーのハットに黒縁メガネをかけた“複合機の妖精”。彼の名こそが、「コニカミノルタマン」だ。

コニカミノルタは2013年2月、ドラマ仕立てのウェブ動画「コニカミノルタマンⅢ『大嫌いな上司』」をYouTube上で公開した。2012年の年始にスタートした「コニカミノルタマン」シリーズの3作目にあたるもので、同社丸の内JPタワー新オフィスで撮影された。公開後に「泣ける」「勇気づけられる」といった評判がSNSやYouTubeに相次いで投稿され、再生回数は35万回に。シリーズ3作を合計すると80万回を超える。

出演するのはプロの役者だが、実は社員が登場する動画「リアルコニカミノルタマン」も公開している。「本編では複合機の妖精が主人公に寄り添ってフォローすることで、我々がビジネスをお助けしますというメッセージを込めています。一方、現実の世界でも ...

あと72%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社員参加型PRの効果 の記事一覧

総勢20人の社員が教える「ピップエレキバンの貼り方」、商品PRに活用
社内活性化は企業利益の源泉、見えない資産「インターナル・コミュニケーション」を見える化するには?
「コニカミノルタマン」って誰だ?特命プロジェクトでPR動画を制作の理由(この記事です)
コーセーとジェットスターの社員が共演、現役CAが踊るコラボ動画のねらい
ジュピターテレコムの社内に「一体感」醸成、106人の社員出演動画を制作
企業ブランドの一人歩きは危険!社員の「顔」が見える広報の意義
約600人の全社員を撮影、日本土地建物の創立60周年広告ができるまで
藤野英人さん「投資家は社員の『顔』が見える企業の株を買いたい」
社内調整と著作権・版権がポイント、PR動画制作のノウハウと注意点
クロスカンパニーが制作する「テレビ番組風」社内報とは?
KDDI社員、アニメ「弱虫ペダル」再現ムービーで見せた本気度
「恋チュン」踊った企業の今 日本交通の社内は何が変わった?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する