日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社員参加型PRの効果

クロスカンパニーが制作する「テレビ番組風」社内報とは?

クロスカンパニー「クロカンTV」

社員3000人が夢中になるバラエティ番組があった!?取締役の似顔絵絵描き歌からイクメン社員の密着ドキュメンタリーまで、“内輪ネタ”を極め社員の共感を呼ぶ、クロスカンパニーの社内報「クロカンTV」制作の舞台裏に迫った。

本社と店舗を結ぶ動画社内報

「開局しましたクロカンTV!ぱちぱちぱちー!あたくしMC YASSでやす!今週はあの男が登場しちゃうよー!」─。ハイテンションなキャラクターのMCでスタートするこの動画、まるでテレビ局のバラエティ番組のようだが、実はれっきとした社内報。「アース ミュージック&エコロジー」などのファッションブランドを展開するクロスカンパニーでは、2012年11月からバラエティ番組風の社内報動画「クロカンTV」を展開している。

クロカンTVがスタートした背景には、大手アパレルならではの課題がある。クロスカンパニーでは、現在全国で約750の店舗を展開。店頭に立つのは、すべて同社の正社員だ。しかし、店舗で働くスタッフにとって、自分自身は「クロスカンパニーの社員」というよりも「新宿○○店のスタッフ」といった、店舗ごとの帰属意識の方が強くなってしまう傾向にある。広報チームの川治摩美さんはこう語る。「店舗に対する意識が強いと、例えば異動を命じられたり、信頼していた店舗の仲間が異動したりといったきっかけで“辞めようかな”と思ってしまうケースもあります。クロスカンパニーの社員としての意識が強ければ“休職制度を活用してみようか”“次は洋服をつくる職種に挑戦してみたい”など、長く続けていくための選択肢が広がっていくのではと考えました」。

“取締役の似顔絵講座”が好評

まず目を引くのは、そのユニークな番組内容だ。例えば ...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社員参加型PRの効果 の記事一覧

総勢20人の社員が教える「ピップエレキバンの貼り方」、商品PRに活用
社内活性化は企業利益の源泉、見えない資産「インターナル・コミュニケーション」を見える化するには?
「コニカミノルタマン」って誰だ?特命プロジェクトでPR動画を制作の理由
コーセーとジェットスターの社員が共演、現役CAが踊るコラボ動画のねらい
ジュピターテレコムの社内に「一体感」醸成、106人の社員出演動画を制作
企業ブランドの一人歩きは危険!社員の「顔」が見える広報の意義
約600人の全社員を撮影、日本土地建物の創立60周年広告ができるまで
藤野英人さん「投資家は社員の『顔』が見える企業の株を買いたい」
社内調整と著作権・版権がポイント、PR動画制作のノウハウと注意点
クロスカンパニーが制作する「テレビ番組風」社内報とは?(この記事です)
KDDI社員、アニメ「弱虫ペダル」再現ムービーで見せた本気度
「恋チュン」踊った企業の今 日本交通の社内は何が変わった?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する