日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方

オープン当時のディスプレイを再現 タビオ「靴下屋」の30周年事業

タビオ「靴下屋」

社史や理念、事業の意義を見直す機会となる周年をどのように迎えるか。長寿企業から学ぶ連載です。

パリの花屋をイメージした第1号店のディスプレイ
第1号店のバケツ展示。それまでの靴下は「つるす」ディスプレイであった中、「手に取って、品質とデザイン性を確かめてもらいたい」と、「置く」ディスプレイを採用。パリの花屋をモデルにした。

1984年に靴下専門店を日本で初めてオープンしたタビオ。基幹ブランドの「靴下屋」が誕生30周年を迎えるにあたり、今年は全国の約250店舗に対し、本部・店舗一体で周年事業を推進する。これまでは店舗に来店するお客さまを対象にした販促活動が多く、新規顧客の開拓をも目指し4カ月ものキャンペーンを進めるのは今回が初めて。事業を手掛けるPR企画・推進部部長の盛田清人さんは「当社の世界一の商品と接客で、お客さまの日常に小さなハッピーをつくっていく」と、創業当時からの存在意義を改めて浸透させたいと意気込む。

周年事業のコンセプトは「お客さまの“期待”と私たちの“約束”でつくる『靴下屋』の新しい魅力」。これを機に...

あと65%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

長寿企業の極意・周年イヤーの迎え方 の記事一覧

オープン当時のディスプレイを再現 タビオ「靴下屋」の30周年事業(この記事です)
球団創設80周年の読売巨人軍、メモリアルプロジェクトの裏側
創業30周年のブーフーウー、本社横に青空市場を設置
タイムカプセル、家族からのメッセージ……、社員をとことんわくわくさせたウシオ電機の50周年事業
創業60周年のジャックス、38年ぶりにコーポレートロゴを刷新
80周年で生み出した渋谷の新キャラクター「東横ハチ公」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する