日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

広報“私流”

bjリーグで地域活性化、新潟・長岡市でタニタと「健康まちづくり」スタート

梅原健太朗(日本プロバスケットボールリーグ 広報宣伝部)

Photo by AFLO SPORT/bj-league

2005年に日本初のプロリーグとしてスタートした日本プロバスケットボールリーグ(bjリーグ)は今年10周年を迎える。発足当初は6チームでスタートしたが、所属チーム数は22チームに達しており(2014-2015シーズン)、試合会場には大手企業などのスポンサー看板が並ぶ。観客数も年々増加しており、昨シーズンは571試合で前年比5万増の約95万2千人を動員。今シーズンは100万人以上を見込む。

bjリーグ広報宣伝部の梅原健太朗さんは2009年に入社。自身もバスケットボールやラクロスの経験があるスポーツマンで、現在の主な業務はリリース配信や記者発表会の運営といった報道対応、サイトやSNSの管理、選手年鑑や広報誌の制作など多岐にわたる。各チームに所属する広報担当者と連携し、地元のメディアとチームがパートナーシップを組むことで、イベントや応援番組を通じたbjリーグの認知向上や集客、スポーツ振興、地域活性化を目指す。

中でも沖縄・秋田・新潟の盛り上がりは顕著で ...

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

広報“私流” の記事一覧

bjリーグで地域活性化、新潟・長岡市でタニタと「健康まちづくり」スタート(この記事です)
坂本龍一を企業広告に起用、太陽光発電手掛けるエクソルの広報活動
阪大、専属のクリエイティブユニットでPR力を磨く
「テルマエ・ロマエⅡ」「大ケロロ展」にも登場。ケロリン流のコラボPRとは?
ジャスダック上場のフィールズ、事業拡大で情報発信を強化

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する