日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

ASEANデジタル広報入門

断食月にはポカリスエットを!アジア・イスラム市場、日系企業の成功事例

竹内弘美(アジアクリックシンガポール)

2015年末、10カ国の経済統合が控えるASEAN諸国。前回は各国のSNS普及状況やPR方法のポイントを解説したが、今回は日系企業の成功事例をもとに、現地ビジネスの正攻法を探る。

2030年には世界人口の26%に達すると推計されるイスラム人口。ムスリム人口の国別上位10位のうち、4位までがアジアで1位はインドネシアとなっています。

またマレーシアはイスラム世界のハラル(イスラム合法)ハブになっており、人口3000万人に対しマレーシアを訪れる外国人観光客が2500万人と日本の2.5倍。私たち日本人の日常には遠く思われるイスラム教徒ですが、シンガポールを中心とするASEANでは日常であり、日系各社もイスラム市場の取り組みをASEANマーケットから始めています。今回はその成功事例ならびに、どこから手を付けるべきか、実例を紹介していきます。

東南アジアは海外展開の試金石

アジア・イスラム市場への進出と、PR戦略に有効な統括国はズバリ ...

あと78%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

ASEANデジタル広報入門 の記事一覧

断食月にはポカリスエットを!アジア・イスラム市場、日系企業の成功事例(この記事です)
多民族国家のASEAN、SNS活用のリスクとは?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する