日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

コーポレートサイト運用白書

リコーが自社サイト運営に導入した「コンテンツオーナー制」とは?

リコー/リコージャパン

3月にリニューアルした、リコーのソリューション・商品サイト。これまでリコーや関連会社が、それぞれのウェブサイトに掲載していた情報を集約した。より顧客に訴求するサイトを目指し、製造業の現状や課題について解説するページを設けるなど工夫を凝らしている。

リコーでは、今年3月にコーポレートサイトを刷新し、2つのウェブサイトが相互に連携する構成にした。ブランドの訴求を目指す「グループ企業・IRサイト」を新設するとともに、商品サイトを拡充。これまでリコーや関連会社がそれぞれのサイトに掲載していた商品情報を集約させた。リコーグループ企業・IRサイトは、リコーのコーポレートコミュニケーションセンターが運営を担当。一方、ソリューション・商品サイトは、リコージャパンのeコンタクトセンターを中心に運営している。

両サイトはコンテンツオーナー制で、基本的なコンテンツは商品担当部門などの事業部が主体となり作成する。コンテンツオーナーとは年に2回、全体会議を実施して情報交換を進めている。また、コンテンツの精度を高めてもらおうと、アクセスログを解析するツールを配布し、定期的に使い方の研修会も実施している。

グループ企業・IRサイトでは、ブランドイメージの醸成や浸透を目指した試みを展開。「2036年を想像してみた」と題して ...

あと59%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

コーポレートサイト運用白書 の記事一覧

リコーが自社サイト運営に導入した「コンテンツオーナー制」とは?(この記事です)
横浜ゴム、ニコニコ生放送登場で13万人が視聴
設計・開発経験者がウェブで営業するロームのコーポレートサイト
チュチュアンナ、創業40周年でウェブを全面リニューアル
ネット銀行にも親しみやすさを、ソニー銀行のSNS・ウェブ運用

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する