日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「PRで売る」ヒントを探せ

ベンチャーから業界4位へ!急成長の秘密は「あえてPRしないこと」?

イミオ 倉林啓士郎社長

img03

    DATA:イミオ

    2004年に倉林啓士郎社長(写真)が東京大学在学中に創業した。フットボールブランド「SFIDA」の製造・販売のほか、イングランドのボールブランド「MITRE」の輸入販売や東京・大阪でフットサルコートの運営も行っている。社名は、商品の「意味」をデザインし、社会を豊かにしたいという想いから名付けた。

サッカーボールにデザインを

赤、ピンク、黄緑─。色とりどりのデザインに定評があるサッカーボールの製造で、ベンチャー発進ながらもナイキなどの大手に次ぐ業界4位に浮上したのは、イミオ(東京都渋谷区)だ。当初年間1000球の製造からスタートしたが、10年間で着々とシェアを伸ばし、現在では年間8~10万球を製造。全国のスポーツショップやギフトショップ、フットサルコートなどで販売され、プレゼントやインテリア用としても人気があるという。

特徴的なのはデザインだけではない ...

あと81%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「PRで売る」ヒントを探せ の記事一覧

ベンチャーから業界4位へ!急成長の秘密は「あえてPRしないこと」?(この記事です)
「記者に無視されない」PRメール術 10のポイント
社員出演動画でPR!世界中で売れた「気配りミラー」
媒体掲載がゴールではない?広報に求められる発想の転換 8つのポイント
墨田区の町工場が取引企業を200倍超に増やせた理由
ツイッターで「ざわ...ざわ...」?予算を使わず、時流に全力で「のっかる」PR術
9期連続で増収増益、ヤッホーブルーイング・井手直行社長「社長はPRで体を張れ。」
カチカチのアイスも溶かせます。時計メーカーが作った「アイス専用スプーン」って?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する