日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「PRで売る」ヒントを探せ

9期連続で増収増益、ヤッホーブルーイング・井手直行社長「社長はPRで体を張れ。」

ヤッホーブルーイング 井手直行社長

「よなよなエール」「水曜日のネコ」などのクラフトビールを製造・販売するヤッホーブルーイング(長野・軽井沢)。9年連続で増収増益と成長を続けるなか、メディア露出の機会も増えており、知名度や売上アップに貢献する好循環が続く。

img01

2013年10月にオープンした東京・赤坂の公式ビアレストラン「よなよな BEER KITCHEN」。

    DATA ヤッホーブルーイング

    星野リゾートグループのビール醸造会社として長野・軽井沢で1996年創業。クラフトビール市場でトップシェア、ビール業界全体では大手4社とオリオンビールに次ぎ国内6位。

目指すはビール業界のアップル

「安倍首相にビールを飲んでほしくて、SPと闘った」「“日本のイノベーター30人”に選ばれたから、インベーダーの仮装をしてみた」─クラフトビールの国内トップ企業である、ヤッホーブルーイング・井手直行社長のPRにまつわる武勇伝は止まらない。

2005年に黒字に転じて以降、取材を受ける機会が格段に増えたといい、その語り口は滑らかだ。「僕らは“ビール製造サービス業”でありたい。個性的な商品もネーミングもパフォーマンスも、お客さんの記憶に留める“口コミの連鎖”を生み出すため」「ターゲットは、“知的な変わり者”。目指すはビール業界の“アップル”ですね」など、次々と繰り出されるフレーズは痛快そのもの。今回は、そんな同社の業績好調を支えるPRのこだわりに迫る。

井手社長のアイデア(1)
「星野リゾート」の知名度やブランド力をあえて利用しない理由 ...

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「PRで売る」ヒントを探せ の記事一覧

ベンチャーから業界4位へ!急成長の秘密は「あえてPRしないこと」?
「記者に無視されない」PRメール術 10のポイント
社員出演動画でPR!世界中で売れた「気配りミラー」
媒体掲載がゴールではない?広報に求められる発想の転換 8つのポイント
墨田区の町工場が取引企業を200倍超に増やせた理由
ツイッターで「ざわ...ざわ...」?予算を使わず、時流に全力で「のっかる」PR術
9期連続で増収増益、ヤッホーブルーイング・井手直行社長「社長はPRで体を張れ。」(この記事です)
カチカチのアイスも溶かせます。時計メーカーが作った「アイス専用スプーン」って?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する