日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「強い」広報チームをつくる方法

社員食堂のスタッフが社内活性を推進、新たな社食活用3社をレポート

エームサービス

img01

企業や各種施設におけるフードおよびサポートサービスを展開するエームサービス。大手企業をはじめ、現在約600カ所に上る社員食堂などでのサービスを手掛ける。一般的な社員食堂で働くスタッフと言えば、食事を作って提供し、食堂の管理をすることが主な仕事。ところが、組織環境の変化に伴いオフィスのあり方そのものが見直される今、食堂においても新たな動きが見られる。

その中のひとつで、食堂をコミュニケーションの舞台、そして外部へのPRツールとして活用している例がゲーム会社のスクウェア・エニックス。提案時から「コミュニケーションを活性化させるための空間づくり」ということが念頭にあり、オープン前の段階から窓口の総務だけでなく広報も参画し、インナーコミュニケーションを活発化させるための設備や施策を考えた。2012年10月のオープンから「例えば季節のイベントや社員の家族を呼ぶファミリーデーの開催など、食堂のスタッフも積極的に社員の方々とコミュニケーションをとることを念頭に置いています。メディア露出も少なくなく、食堂の新たな姿として紹介されるケースも多い」(エームサービス 広報室金森裕子氏)。

2012年からスタートした、有名シェフを食堂に招き食の豊かさを伝える「おとなの食育プロジェクト」も注目を集める。通常は同社が前面に立ってPRを展開することは少ないが ...

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「強い」広報チームをつくる方法 の記事一覧

総勢220人、「めざましテレビ」生放送を支える会議と共有のしくみ
元コカ・コーラ、現オムロン広報責任者に聞く、強いチームづくりの実践ノウハウ
社員食堂のスタッフが社内活性を推進、新たな社食活用3社をレポート(この記事です)
編集部がサロンに早変わり!?凄腕イベントプランナーがプロデュース、8人体制の仰天キャラバンの裏側
生の声から探る、「パートナーの理想と現実」本音まとめ
「妥当」な外部委託費用のボーダーラインをどう測る?「適正価格」の見極め方
あのマルコメが、クラブイベントとコラボ!?新エナジードリンクPR秘話
『メディア露出への固執』が原因?広がる「成功報酬型PR」の仕組み
背景には企業の強い要請も――「取材協力費」はなぜ発生するのか
リーボック、ミランダ・カー来日イベントの舞台裏

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する