日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「強い」広報チームをつくる方法

元コカ・コーラ、現オムロン広報責任者に聞く、強いチームづくりの実践ノウハウ

オムロン

社内外との橋渡し役である広報にとって、チームプレーは活動の要。日本コカ・コーラの広報責任者を経て、現在オムロン コーポレートコミュニケーション部部長を務める井垣勉氏に、広報主導の強いチームづくりのポイントについて聞いた。

個々の役割の明確化を

広報は「社内外をつなぐプロデューサー的な役割が求められる」と話す井垣氏。広報への期待と重要性が増した最近では、社内で広報の立ち位置を明確にすることや、従来以上の成果を求められることが多く、「広報として強いチームを作ることは不可欠」と話す。

現在、井垣氏が統括するオムロンコーポレートコミュニケーション部は、プレス対応担当のチーム(6人)、社内広報担当のチーム(4人)、宣伝やデジタルメディアなどを担当するチーム(7人)の3グループからなる合計17人で構成される。昨年2月に着任した井垣氏がチームを作る上で最初に取り組んだのが、個々の役割の明確化。それまではプレス対応や社内広報も兼任で動くことが多かったが、それぞれのチームの役割を明確にし、個々の責任を割り振った。

「役割を分けることでそれぞれの責任が明らかになり、組織もフラットになる。また、一つのことにチーム全員が取り組むのは良くないと考えています。それは何かが起こった時に余力がない状態を生み出すから。チーム全員で大きなことに取りかかろうとすると、全員が疲弊してしまう。例えば、クライシスが起きた場合。全員でリスク対応をするという状況に陥ると、それ以外の仕事が完全にストップしてします。幅広いステークホルダーを相手に複数の仕事を同時並行で仕上げていくべき広報部門としては、このような状況は避けなくてはなりません」。

また、「自分たちがどういった付加価値を生み出すことを求められているのか」ということを全員で共有し、ビジョンを統一することも重要だ。「若手や経験が浅い人も同様に、基本的には“この仕事はあなたに任せるから、好きなようにやってみて”と、ある程度自由度をもって任せるようにしています。一連のプロセスを任せてみることで、個々の持ち味を見極めることができますし、それぞれが“自分の仕事”として、能動的に…

あと70%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「強い」広報チームをつくる方法 の記事一覧

総勢220人、「めざましテレビ」生放送を支える会議と共有のしくみ
元コカ・コーラ、現オムロン広報責任者に聞く、強いチームづくりの実践ノウハウ(この記事です)
社員食堂のスタッフが社内活性を推進、新たな社食活用3社をレポート
編集部がサロンに早変わり!?凄腕イベントプランナーがプロデュース、8人体制の仰天キャラバンの裏側
生の声から探る、「パートナーの理想と現実」本音まとめ
「妥当」な外部委託費用のボーダーラインをどう測る?「適正価格」の見極め方
あのマルコメが、クラブイベントとコラボ!?新エナジードリンクPR秘話
『メディア露出への固執』が原因?広がる「成功報酬型PR」の仕組み
背景には企業の強い要請も――「取材協力費」はなぜ発生するのか
リーボック、ミランダ・カー来日イベントの舞台裏

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する