日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

「強い」広報チームをつくる方法

編集部がサロンに早変わり!?凄腕イベントプランナーがプロデュース、8人体制の仰天キャラバンの裏側

アヴェダ

あえて異業種のパートナーを広報活動に取り込むことで、これまでにない広がりを生んだ例がある。チームづくりのポイント、視点の取り入れ方に迫る。

img01

イベントのノウハウをキャラバンに生かす
新製品であるボディクリームのPRの一環としてキャラバンを実施。編集部に入ると、「リラックスタイムのお届けにまいりました!」と一声。世界観を崩さないために、大量の荷物を運ぶ際にも段ボールなどは使わず藤の籠を使用するという徹底ぶり。右は、ディレクターとしてキャラバンを取り仕切ったイベントプランナー・牧瀬貴美香氏。環境保全という大きな企業使命があるブランドだからこそ、演出ひとつとっても制限が多い中で、「(牧瀬氏は)“私だったらコンセプトを守りつつ、こんな面白い展開ができる”と熱心に提案してくれた。ミッションを深いところまで理解してくれて、細かいところまで気配りができる人です」。

各社ユニークな趣向を凝らすことで知られる化粧品ブランドのメディアキャラバンの中で、「あのブランドはピカイチ」と美容編集者らの中でも呼び声が高いのがアヴェダ。「(キャラバンは)大きな発表会以上にケアすべき点が多く、満足してもらうための難易度が高いという面も。個々のメディアに合わせ、さらにきめ細かい演出の加わった発表会を開催している感覚」(アヴェダPR担当 有吉由妃氏)というだけあり、綿密に計画を練ってキャラバンに臨む。

最近特に注目を集めたのが ...

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「強い」広報チームをつくる方法 の記事一覧

総勢220人、「めざましテレビ」生放送を支える会議と共有のしくみ
元コカ・コーラ、現オムロン広報責任者に聞く、強いチームづくりの実践ノウハウ
社員食堂のスタッフが社内活性を推進、新たな社食活用3社をレポート
編集部がサロンに早変わり!?凄腕イベントプランナーがプロデュース、8人体制の仰天キャラバンの裏側(この記事です)
生の声から探る、「パートナーの理想と現実」本音まとめ
「妥当」な外部委託費用のボーダーラインをどう測る?「適正価格」の見極め方
あのマルコメが、クラブイベントとコラボ!?新エナジードリンクPR秘話
『メディア露出への固執』が原因?広がる「成功報酬型PR」の仕組み
背景には企業の強い要請も――「取材協力費」はなぜ発生するのか
リーボック、ミランダ・カー来日イベントの舞台裏

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する