日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

PRキャラクターファイル

天下統一ならずも断髪で猛烈アピール、出世大名家康くんのPR力

出世大名家康くん

浜松市のマスコットキャラクター「出世大名家康くん」は、市制100周年を記念して2011年に誕生。「徳川家康公の生まれ変わり」というその姿は、頭に浜名湖特産のうなぎのちょんまげを乗せ、袴はヤマハやカワイなどの楽器メーカーが集う「音楽のまち」を表すピアノ鍵盤柄、着物には特産のみかんを模した家紋をあしらった。全国公募で集まったキャラクター824点の中から、徳川家康公が29歳から45歳までの働き盛りの時期を過ごしたという「出世の街」にふさわしいと選ばれた。

「ゆるキャラグランプリ」では、2011年の初出場37位から、2012年は7位、昨年は準グランプリと、順調に出世中。昨年はグランプリ獲得には届かなかったため、公約としていたちょんまげを切り落して「出家」。都内で行われた断髪式には、多くのマスコミが集まった。担当者は「これまでで一番多くマスコミに取り上げてもらった」と明かす。

あと47%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

PRキャラクターファイル の記事一覧

天下統一ならずも断髪で猛烈アピール、出世大名家康くんのPR力(この記事です)
得票数20で最下位の雑草キャラ「さくらちゃん」、いいとも出演で一躍人気者に
ゆるキャラグランプリで、まさかの大逆転。「さのまる」の実力
関西弁の「ありがたいお説教」に人気、兵庫県尼崎市の「ちっちゃいおっさん」
チャリティグッズも人気、宮城の性別不明のゆるキャラ「むすび丸」
高松琴平電気鉄道の「ことちゃん」、誕生の背景に経営再建の“大人の事情”

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する