日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

自治体のデジタル広報最前線

LINEクーポンでユニークな「権利」配信。登録者急増の丹波市のデジタル広報

兵庫県丹波市

LINEクーポンでユニークな"権利"を配信
「夏休み中の子どもに体験してもらいたい」と企画した「世界最短!3時間だけ市長になれる」クーポン。わずか15分間で定員となる3人の応募が集まった。アカウントの登録人数は3700人を超える。

「世界最短!3時間だけ市長になれる」「広報誌の表紙を飾れる」――。こんなユニークなクーポンをLINE上で配信し、アカウントの登録者を伸ばしているのは、兵庫県丹波市だ。市が利用しているのは、企業や自治体がLINEアカウントを持ち、登録者に情報発信ができるサービス「LINE@」。丹波市のアカウント登録者数は3900人を超え、関西の自治体では最も多い。フェイスブックと合わせて運用し、市のホームページや広報誌などを見る機会の少ない10~30代の若年層への情報発信を強化する狙いだ。

市がLINEをスタートしたのは昨年5月末。LINE@のクーポン配信機能に目をつけた担当者が「自治体がクーポンを配信したらおもしろいのでは」と考えたのがきっかけだ。6月、さっそく第一弾となる「広報誌の表紙を飾れる」クーポンを配信。抽選画面で当たりが出た人のうち、最も早く市役所の担当者に電話をしてきた人を当選者とした。市総合政策課によれば「10分程度ですぐに応募が来た」という。また、「夏休み中の子供に来てもらえれば」と配信した「3時間市長になれる」クーポンも好評で、当選した小学生ら3人には市の清掃施設の「視察」や、記者会見も体験してもらった。

あと55%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

自治体のデジタル広報最前線 の記事一覧

LINEクーポンでユニークな「権利」配信。登録者急増の丹波市のデジタル広報(この記事です)
知事が歌う!「晴れの国おかやま」のデジタル広報
ARにエアタグ、三重県四日市市のデジタル広報
「ちくわぶ」のキャラクターがお出迎え、北区がおでんの街をPR
「オクシズ推し!」で山間地の観光資源を見える化
月2回の更新でPV伸ばす、県産品PRサイト「青森のうまいものたち」

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する