日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

仕事を発注したくなるパートナーの条件とは?

ドールがPR会社に求めるのは、広い視点と臨機応変な対応

ドール

情報を世に広めるにあたり、また多岐に渡る広報業務を進めるにあたり、独自のノウハウと第三者視点を持ったパートナーの存在は重要だ。発注側とパートナーとが一緒になり、明確な目標を持って進むことが特に必要となる。では、仕事を発注したくなるパートナーの条件とはどのようなものなのか?

東京マラソンでAKB48の音楽を聴かせて熟成させた"聴育"バナナを配布し、2011年のカンヌライオンズPR部門で銅賞を獲得するなど、ユニークなPRで注目を集めるドール。国内ナンバーワンのバナナのシェアを誇る同社マーケティング部で、PRをはじめ、広告、販売促進までマーケティングコミュニケーション全体を担当するのは社内でただ1人。そのため、外部のパートナーとしてPR会社とリテナー契約を結び活動を推し進めている。

PR会社に求めることは、能動的な姿勢を前提とした、広い視点での提案・コンサルティング力、そしてスピード感のある臨機応変な対応力。自社の視点で物事を捉えがちであるところを、他分野の成功事例なども踏まえ、広い視点でプランを提案、アドバイスしてくれること。そして情報インフラなどの変化により、PRの手法が刻々と変化する中で、ターゲットや内容に応じたアプローチ手段を講じ、スピード感をもって対応してくれることを求めている。「メディア環境も複雑化する中、ストレートにこれだけをやったらクリア、という時代ではない。どれをどう組み合わせてどんなアプローチをするのがベストなのか、状況は日々変わっています。プロとして、広い知見をもったコンサルティングを求めます」(マーケティング部 大滝尋美氏)。

日常業務の中では、コミュニケーションを密にとろうとする能動的な姿勢が望ましい。「担当者の資質によるところも大きいですが、例えば日々のニュースの中でも参考になりそうな情報をさっと教えてくれるなど、促す前に動いてくれるととても助かる。商品の理解力を高めるための努力も、常に行ってほしいですね」。

PR会社に求めること

    広い視点の提案と臨機応変な対応

  • プロとしての広い知見を生かした提案・コンサルティング力。情報インフラ、メディア環境が変化していく中で、内容と状況に応じた提案、アドバイスができること。
  • スピーディで臨機応変な対応力。日々状況が変化する中で、早いレスポンスと情報収集、アプローチは必須。
  • 広報活動の永遠の課題でもある効果測定においても、数だけでなく質(露出文脈)までをきちんと踏まえたレポートを。
  • 商品を理解するための努力は常にしてほしい。日常業務の中でも、密にコミュニケーションを取ろうとする能動的な姿勢が欲しい。

仕事を発注したくなるパートナーの条件とは? の記事一覧

ドールがPR会社に求めるのは、広い視点と臨機応変な対応(この記事です)
広告会社の熱心な再提案で実現、ダイオウイカの天ぷら発売ネタ
三菱ケミカルがコンペで選んだのは、ともに100点を目指せるパートナー
ニューバランスがPR会社に求めるのは、ブランドをともに育てる意識
ニフティがコンペで選ぶのは、「対話力」のあるパートナー
アフラックが制作会社に求める“行間”をくみ取る力

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する