日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

社会の合意を得る方法

5517万人が使う署名サイトに学ぶ、社会の動かし方

ハリス鈴木絵美(Change.org)

化粧品会社は動物実験をやめて。北大の伝統行事を復活させて。イシューへの賛同を集める署名サイト「Change.org」が人気だ。日本代表のハリス鈴木絵美さんに社会の変え方、世論の巻き込み方を聞いた。

署名は、民主主義の原点であり、市民にとっては意志表明のファーストステップです。「Change.org」(以下、チェンジ)は、オンラインで署名を集めるというのがユニークなところです。「書いたら終わり」の街頭署名と違い、オンライン署名はメールアドレスが登録できます。これを使って発信者は賛同者にキャンペーンの経過や成果を報告することができ、時にはさらなるアクションを呼びかけることもできます。いわば、一つのイシューに関心を持つ小さなコミュニティが出来上がっているわけです。ワンクリックで、次は手紙を書きましょう、ボイコットしましょう、と呼び掛けられます。

2012年夏にチェンジの日本版立ち上げのために帰国した際、ちょうど脱原発デモが盛り上がっていました。私は担当者に「あの署名リストは誰がどのように管理しているのか。メールアドレスはどのように使うのか」と聞きましたが、誰も満足のできる答えを返してはくれませんでした。それを聞いて、とてももったいないと感じました。その人たちは、「署名するために署名した」わけではありません。脱原発という目標があり、その目標を達成するために署名したはずなのに。このことに代表されるように、日本の市民活動には、テクノロジーをフルに活用できていない場面がたくさんあります。

あと77%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

社会の合意を得る方法 の記事一覧

JAL対ANA、羽田の新規発着枠をめぐるパブリックアフェアーズの攻防
国を越えた政策協力が、日米首脳共同宣言に採用されるまで
まちづくりにも注力。役割が変化する政策シンクタンク
古民家再生に立ちはだかる法の壁、いかに乗り越えたか?
「対話する、参加する」姿勢が社会をより良く変える
TPPにWTO、交渉対象が複数国化する世界のパブリックアフェアーズ環境
規制緩和のその先へ、ネット事業者が描く未来
パブリックアフェアーズは透明性高まる社会の要請
戦略PRも効かない時代、企業経営の中核にパブリックアフェアーズを
「派遣切り」に「派遣村」、業界のネガティブイメージを払しょく
世論との対話がPRの原点
5517万人が使う署名サイトに学ぶ、社会の動かし方(この記事です)
日米を魅了するケネディ大使、同盟強化はビジネスにどう生きる?

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する