日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

知的財産を巡る紛争に、広報はどう対応すべきか

ユニクロ、西松屋の事例に見る、店舗イメージは知的財産か?

TED知的財産法研究会

広報活動の中で常に隣り合わせとなる法律が「知的財産」にまつわるもの。 はっと気付いた時、「時すでに遅し」とならないよう、日頃からしっかりとポイントを押さえておく必要がある。今回は、店舗の外観や商品の陳列デザインなどの法的保護について考える。

原告である西松屋の商品展示方法。被告イオンリテールの複数の店舗が原告の陳列方法と同じ方法を用いて商品の販売していることを発見したため、不正競争防止法上の営業表示を侵害しているとして訴えた。

1.はじめに

マクドナルドやスターバックスコーヒーなど、チェーン展開する店舗の外観・内装・色の選択や商品の陳列方法などが、特徴ある形で統一されている店舗展開は多く見られます。このように単なる店舗の外観などではなく、全体として統一された姿・形(デザイン)を、一般に「トレードドレス」と呼んでいます。

このトレードドレスは、その構成要素が一体となって、他の店舗と異なる雰囲気を生み出し、差別化に役立つ一面を有していますので、商標と同じように、自他識別機能(自己の商品やサービスを他人のものと区別させることにより業務上の信用を蓄積させる機能)があり、法的に保護されるべきではないかという考え方が生まれてもおかしくありません。

あと84%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

知的財産を巡る紛争に、広報はどう対応すべきか の記事一覧

ユニクロ、西松屋の事例に見る、店舗イメージは知的財産か?(この記事です)
著作物の電子化は違法の恐れ
「白い恋人」vs「面白い恋人」に学ぶ商標戦略
事例で読む、日本におけるサイバーモール運営者の責任とは?
「楽天市場出店事件」から学ぶ、サイバーモール運営における表記・表現の注意点
「正露丸事件」から学ぶ、商標の識別力低下を防ぐポイント

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する