日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

話題をつくる人の考え方

悲願達成の楽天野球団、元広報部長は東京五輪招致を導いた

編集部レポート

「広報が組織を強くする」。インタビューでお会いする広報担当者から度々聞く言葉だ。どんな時も社会に向けて自らの役割、存在意義を「広く報告する」広報の重要性は、ますます高まっている。本特集では、2013年に話題をつくった方々に話を伺いながら、広報という仕事の本質的な役割、やりがい、意義、そして楽しさを明らかにしたい。

球団創設から9年、東北楽天イーグルスが悲願の日本一を達成したことは、東北に勇気と希望を与えた。(写真/時事)

11月3日、プロ野球日本シリーズ第7戦が東北楽天イーグルスのホームグラウンド・仙台市のKスタ宮城で行われ、楽天が巨人を3-0で下し、通算4勝3敗として、悲願の日本一に輝いた。

東北楽天は創設9年目。球界再編問題の浮上により、楽天とライブドアが新規参入を申請し、楽天の参入が承認されたのが2004年11月だった。約50年ぶりに誕生した新規プロ野球球団の楽天野球団で、初参戦した2005年から広報責任者を務めたのが電通パブリックリレーションズ出身の西村亮氏。震災直前の11年1月末に退任するまでの6年間、チームや選手のPRを積極的に行い、新規参入球団の知名度を押し上げた。

その西村氏も今年、別の場所で“悲願”の達成を味わっていた。02年のサッカーW杯招致をともに成功させた日本サッカー協会の鈴木徳昭氏に請われ、東京2020オリンピック・パラリンピック招致委員会の戦略広報部副部長として招致に臨んでいたからだ。

企業にとどまらず、スポーツ、政治、行政などさまざまな場で、新しい組織ができる時、新しい取り組みを始める時、あるいは危機を迎えた時、そこには組織の中をまとめ、社会の声を聞き、考え抜いて動くキーパーソンがいる。話題をつくった人、仕掛け人には、そのセオリーがある。

楽天と同じく、“悲願”の五輪招致を引き寄せた招致委員会戦略広報部。副部長の西村亮氏(左から3人目)は、元楽天野球団広報部長だった。

話題をつくる人の考え方 の記事一覧

NHKに取材されるには?「社内を熟知してこその広報」
「常に3カ月先の将棋のトレンドを考える」羽生善治さんに学ぶ発信力
朝日新聞デジタル本部長が語る「私たちは読者が誰か、分かり始めた」
「クライシスを恐れるな」JR東日本が目指す言うべきことを言う広報
「もう1人の社長であれ」警察広報官主役の小説『64』の作者・横山秀夫さんが語る広報の矜持
個人SNSでレスリング応援、いつの間にか協会広報委員に
ママ広報のススメ
外遊で地球6.2周!総理官邸のスーパーワーキングマザー
東京五輪招致の広報チームは、なぜ国際世論をコントロールできたのか。
悲願達成の楽天野球団、元広報部長は東京五輪招致を導いた(この記事です)

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する