日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

実践!プレスリリース道場

下北沢カレーフェスティバルをPRネタに。IT企業のリリースを解説

パイプドビッツ

046_a.jpg

新聞や雑誌などのメディアに頻出の企業・商品のリリースについて、配信元企業に取材し、その広報戦略やリリースづくりの実践ノウハウを紹介する「リリース道場」。今回は、IT企業が主催する地域イベントのリリースを紹介します。

ネット事業のPRは難しい

10月半ば、「下北沢カレーフェスティバル2013」というユニークなイベントが町ぐるみで開催されました。そのイベントの主催者となっていたのが、「I LOVE下北沢」という地域密着型SNSを運営するIT企業のパイプドビッツです。

そもそもネット系コンテンツのPRは総じて厳しいものがあります。それは商品や施設、イベントなどと異なり、前面に押し出せるビジュアル要素が無いからです。そんな中で、多くのメディアに掲載された「下北沢カレーフェスティバル」を例に、IT企業が行うリアルイベントとPRの関係性を見てみたいと思います。

パイプドビッツは「情報資産の銀行」を標榜し、インターネットを用いた使い勝手のいいプラットフォームをクライアントに販売し、クライアントはその中で社内情報や顧客情報を管理したり、世間に情報を発信したりできます。また、そのシステムを用いて自社でも政治情報を集約する「政治山」や美容情報を集約する「美歴」などを運営しており、その地域バージョンが「I LOVE下北沢」です。本来ならSNSだけを運営していればいいのかもしれませんが、地域事業となるとどうしても現地に出向いて密に意思を疎通することが求められ、その中で生まれたのがカレーフェスです。

あと83%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

実践!プレスリリース道場 の記事一覧

下北沢カレーフェスティバルをPRネタに。IT企業のリリースを解説(この記事です)
企業文化を伝えるノバレーゼの研修リリースを解説
女性だけで開発したマルコメ「プラス糀」、ビジュアル重視のリリース
販売目標を20万台に引き上げたヒット商品「ノンフライヤー」のリリース
初回出荷14万丁で大ヒット!ユニーク商品「ザクとうふ」のリリース公開

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する