日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

           

人気メディアの現場から

先輩・後輩の主婦が学び合う企画がヒット、創刊43年目「リビング新聞」

滑川恵理子(サンケイリビング新聞社 リビング新聞編集長)

あのメディアは、テーマや取材先、紹介するもの・ことをどのように選び、決定しているのだろうか。そして、その裏にはどんな人がいるのだろうか。担当者のインタビューを通じ、それぞれのメディアの「今」に迫ります。

サンケイリビング新聞社
『リビング新聞』

   

月1回レギュラーで設けられている「炎のプレゼンタイム」企画。企業の担当者が登場して、商品を自分の声で紹介できるコーナーだ。登場条件は「他にないユニークな商品であること」。

   

「ホップ・ステップ・ワーキング」という主婦向けの再就職記事も最近力を入れている企画。「主婦の働きたいという希望と、企業のニーズ、女性の活躍推進に力を入れる国の大きな動きなどを、情報を通してつなげたい」。

あと91%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

人気メディアの現場からの記事一覧

人気メディアの現場からの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する