日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

仕事を発注したくなるパートナーの条件とは?

三菱ケミカルがコンペで選んだのは、ともに100点を目指せるパートナー

三菱ケミカルホールディングス

情報を世に広めるにあたり、また多岐に渡る広報業務を進るにあたり、独自のノウハウと第三者視点を持ったパートナーの存在は重要だ。発注側とパートナーとが一緒になり、明確な目標を持って進むことが特に必要となる。では、仕事を発注したくなるパートナーの条件とはどのようなものなのか?

三菱ケミカルホールディングスは、2005年10月に誕生した持株会社。現在は三菱化学、田辺三菱製薬、三菱樹脂、三菱レイヨンの4社を中核に事業を展開している。現在、ホールディングス化直後につくられた各種ツールを見直し、リニューアルを進めているところだ。

2014年1月に大幅リニューアルする紙の社内報は5社コンペで、3月に改定するウェブは4社コンペで発注先を決めた。広報・IR室 グループコミュニケーション グループマネジャーの神田三奈氏は、発注先の決め手は2つあったと話す。1つ目は、クライアント側の希望に応えるだけでなく、その背景までを読み取って提案してくれたこと。「当社は規模が大きく、グループがいくつもあり、成り立ちが複雑。付け焼刃的な企業調査ではきちんとした提案はできませんが、よく調べた上で、各社の思想を整理して広がりのある提案をしてくれたと思います」。ウェブについては、「会社や沿革の説明はもう少し手厚くしたらどうか」という提案があり、その通りだと感じた。

あと47%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

仕事を発注したくなるパートナーの条件とは? の記事一覧

三菱ケミカルがコンペで選んだのは、ともに100点を目指せるパートナー(この記事です)
ニューバランスがPR会社に求めるのは、ブランドをともに育てる意識
ニフティがコンペで選ぶのは、「対話力」のあるパートナー
アフラックが制作会社に求める“行間”をくみ取る力

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する