日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

時事ニュースから読み解く、危機対応の本質

イオンと文春のバトルにまで発展、過去最大の米の産地偽装事件を読み解く

城島明彦(作家・ジャーナリスト)

危機を乗り越えるための対応方法は、世間を賑わせる時事ニュースの中から学べる点が多くある。取材される側と取材する側の両方を経験し、広報業界を30年以上見続けてきた作家・ジャーナリストが、危機対応の本質について解説する。

米の産地偽装事件、偽装元は解散、イオンと文春は真っ向対決へ
三重県四日市市の米穀販売会社「三瀧(みたき)商事」などによるコメの産地偽装で、同社と関連会社「ミタキライス」は10月11日、会社を解散し、清算手続きに入ると発表した。一方、イオンは同事件とイオンとの関連性を報道をした『週刊文春』を相手取り、名誉毀損を理由に損害賠償を求める訴訟を起こした。

あと90%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

時事ニュースから読み解く、危機対応の本質 の記事一覧

イオンと文春のバトルにまで発展、過去最大の米の産地偽装事件を読み解く(この記事です)
読者プレゼント水増し事件、イメージ失墜を招いた秋田書店の広報対応
川崎重工業社長解任クーデターに学ぶ、危険が伴う「リーク」に要注意

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する