日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

仕事を発注したくなるパートナーの条件とは?

ニューバランスがPR会社に求めるのは、ブランドをともに育てる意識

ニューバランス ジャパン

情報を世に広めるにあたり、また多岐に渡る広報業務を進めるにあたり、独自のノウハウと第三者視点を持ったパートナーの存在は重要だ。発注側とパートナーとが一緒になり、明確な目標を持って進むことが特に必要となる。では、仕事を発注したくなるパートナーの条件とはどのようなものなのか?

スポーツシューズメーカーのニューバランス ジャパンは、主に広告や報道対応などの業務で創業から25年来協力体制にあるパートナー企業に近年PR業務を依頼するようになった。ブランドコミュニケーションチームの永田沢佳氏は「ブランドをともに育ててきました」とパートナーとの結びつきの強さを強調する。

新製品発表や、メディアへのキャラバンをパートナーと協力して進めている。「多種多様なジャンルの製品を発表するため、当社のブランドメッセージからぶれを生じさせないことが最も重要です」と永田氏。製品のブランドの歴史やコンセプトを理解、ひいては愛着を持てるように、様々な試みを行う。実際に新製品を試し、履き心地など特徴を実感してもらうことも欠かせない。日頃からパートナーの担当者は同社製品を着用しており、社内の担当者との一体感を醸成する。

あと49%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

仕事を発注したくなるパートナーの条件とは? の記事一覧

ニューバランスがPR会社に求めるのは、ブランドをともに育てる意識(この記事です)
ニフティがコンペで選ぶのは、「対話力」のあるパートナー
アフラックが制作会社に求める“行間”をくみ取る力

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する