日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

なぜ、あの会社の株は選ばれるのか?

ITサービス・コムチュア会長は「トップ自ら歩くIR」

櫻井英明(ストックウェザー・兜町カタリスト編集長)

機関投資家だけでなく、"ファン株主"を得たいという企業が増えています。本連載では、個人投資家向けに株式の評論を行う櫻井英明氏が、マーケットで選ばれるIRコミュニケーションの秘訣を読み解きます。

096_01.jpg

IRフェアなどのブースでトップ自ら話すのは珍しい。1日9~10回のミニ説明会は常に満席。

IR関連の業務でかなりウェイトを占めるのが経営トップの思考や未来像を正確にマーケットや投資家に伝達する作業。ルーティンの数字発表や中期計画の紹介以上にIR担当者の時間と労力をかけなければならない部分であることはIR担当者自身が感じていよう。

創業トップが率先してIRを牽引しているのがコムチュア(3844)。同社は企業向けのソフトウェアやITサービスが中核。わかりにくい業容ではあるが、ソフトウェアを含む情報サービス産業の市場規模は約20兆円。企業の設備投資意欲の高まりとともに同社の業容も成長している。特にクラウドやモバイルという目に見えない分野を取り扱っているだけに、まずは会社の概要を知ってもらうことが「始めの一歩」。HPやIR説明会を駆使した同社の姿勢に学ぶべき点は多い。

あと68%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

なぜ、あの会社の株は選ばれるのか? の記事一覧

ITサービス・コムチュア会長は「トップ自ら歩くIR」(この記事です)
創薬ベンチャーのIRがリリース発信に熱心な理由
カナモトのIRは「愛あーる」の精神で、会社の息遣いまで伝える

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する