日本唯一の広報・IR・リスクの専門メディア

五輪緊急特集 オールジャパンPR

合宿誘致に選手育成強化、自治体も五輪に期待

編集部レポート

事前合宿の誘致、観光誘客、さらには地元出身アスリートの育成など、地域活性化のために各自治体の取り組みも熱を帯び始めた。

板橋区はいち早く、五輪招致決定のニュースにあわせた展示を区役所本庁舎で開始した。

石川県は北陸新幹線延伸にあわせ、五輪による観光誘客も見込んで「観光おもてなし塾」を開始した。

合宿誘致

参加国の事前合宿を誘致しようと、施設やアクセスの良さなどの立地、食文化などをアピールし始めた。被災地への合宿、関連大会の積極的な誘致も計画されている。

主な自治体とアピールポイント・取り組み内容

北海道(涼しい気候と食の宝庫、道内の競技施設や宿泊施設、観光情報などを集約したデータベース作成)、石川県(カヌーチーム受け入れ実績、北陸新幹線開通によるアクセスの良さ)、岐阜県(高地に16 種類の充実したトレーニング施設)、静岡県(温暖な気候と各種競技施設の充実)、島根県(北京五輪前のアイルランドチームの合宿実績)、岡山県(サッカーW杯の事前合宿実績)、福岡県(北京五輪前、国内最大規模の175人の受け入れ実績)、宮崎県(プロ野球巨人軍など多くの運動チームの合宿実績)、茨城県(つくば市・水戸市で施設新設・改修計画)

観光誘客

あと54%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

五輪緊急特集 オールジャパンPR の記事一覧

五輪後に描く東京と日本の姿
世界から見た東京の実力
日本が変わろうとする時、ビジネスチャンスが生まれる
オリンピックというビッグコンテンツ、企業はどのように活用したらよいか
合宿誘致に選手育成強化、自治体も五輪に期待(この記事です)
訪日観光客を2倍、2000万人にするための切り札は?
自らも毎朝5キロラン、東京都スポーツ振興局長が語るスポーツのチカラ
海外は“イシュードリブン”、日本は“メディアドリブン”なスポンサーシップ
オリンピアンやボランティア生かし、スポーツで地域を元気に
2012ロンドン五輪に学ぶ「ジャパンPR」のヒント
気鋭の“フクシマ”論者は、安倍首相の招致プレゼンをどう見たか?
町工場の挑戦に安倍首相も感動。ソチ五輪目指す「下町ボブスレー」
【緊急対談】小谷実可子×下村健一 五輪招致「アンダー・コントロール」の奏功

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
広報会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する