販売促進の専門メディア

           

「環境配慮」は必須項目へ サステナビリティ販促のススメ

注力のきっかけは「企業防衛」 トレーリサイクルを地域全体の取り組みへ

飯田英人氏(エフピコ)

生鮮食品を店頭に陳列するにあたって必要不可欠な食品トレー。食品トレーの開発・製造・販売を行うエフピコでは、1990年から使用済み食品トレーを回収してリサイクルを行っている。開始当初は6店舗にしか導入されていなかった回収拠点は、いまや全国で1万を超える場所に設置。どのようにしてトレーのリサイクルを促進してきたのだろうか。

1962年に広島県福山市で創業したエフピコは、食品トレーの開発・製造・販売を行う企業です。当社が製造しているPSP(ポリスチレンペーパー)製トレーは、軽くて強い、断熱性やクッション性、耐水性に優れた食品容器として知られています。

食品トレーは「かさばること」や「使い捨て容器」であることから様々な誤解も受けてきましたが、単価も安く、容積の95%以上が空気であるため、極めて省資源の容器だといえるのです。

図 例:カウンターディスプレイ

エフピコではリサイクルシステムを導入したことで、エコトレーでは2.42kg、エコAPETを使用した容器...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

「環境配慮」は必須項目へ サステナビリティ販促のススメ の記事一覧

環境への配慮は、待ったなし 販促も他人事ではない「脱炭素」 セールスプロモーションはサステナブルにどう向き合うべきか
商品売り場全体をエシカルに設計する 課題は美粧性と環境配慮のバランス
メーカー・流通・消費者の三者にとって最適な環境配慮型の販促ツールを考える
イベントプロモーションにおけるサステナブルマインドの今
注力のきっかけは「企業防衛」 トレーリサイクルを地域全体の取り組みへ(この記事です)
パナソニック流、消費者に選ばれるエシカルパッケージ 環境配慮と使いやすさを両立
エシカル商品を販売する企業必見 いま、消費者が「エシカル消費」に感じていること
消費者の「建前」を鵜呑みしてはいけない エシカル商品が「売れない」謎を解明する
ただ「売る」だけの時代は終わり? 環境に配慮した販促「次世代のセールスプロモーション」への対応
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する