販売促進の専門メディア

           

最初の「1秒」で勝負が決まる 縦型動画プロモーション

クリエイターから見た「縦型動画」 企業広告のカギは「アニメーション」と「色」

花田 礼氏(電通 Creative KANSAI)

いまやプロモーション施策を考えるにあたって当たり前の選択肢となりつつある「縦型動画」。テレビCMやYouTube広告といった他の長尺動画メディアと比べて、縦型動画ならではのメリットや特性とはどのようなものなのか。日本マクドナルドの縦型WebCMの企画やコピーを手がけた、電通 Creative KANSAI プランナーの花田 礼氏に話を聞いた。

ユーザーのUGCと対等に接触できる

─縦型動画をメインとするプラットフォーム「TikTok」「Instagramリール」「YouTubeショート」などのメディア特性を教えてください。

まず大きいのは、企業の広告が他コンテンツと対等な状態でユーザーと接触できる点だと思います。例えばYouTube広告だったら、見たい動画をクリックして、その視聴前や視聴中に企業の広告が挟まれていますよね。テレビCMであっても、見たい番組があって、その目的の間に広告が現れます。

しかし、縦型動画メディアといわれる「TikTok」や「YouTubeショート」上でユーザーは、「このコンテンツを見たい」というよりは「なにかおもしろいものあるかな?」と特定の目的を持たずにコンテンツを閲覧していることがほとんどです。そのため縦型動画メディアでは、従来の横型動画メディアのように「目的の動画を広告が邪魔している」というよりは、企業広告が他コンテンツと横並びの状態でユーザーに接触できるということが...

あと80%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

お得なセットプランへの申込みはこちら

最初の「1秒」で勝負が決まる 縦型動画プロモーション の記事一覧

現役TikTokerが語る、意図的に「バズ」を生み出す方法とテクニック
本当にその広告表示・表現で大丈夫?JAROに寄せられる「苦情」の実態
クリエイターから見た「縦型動画」 企業広告のカギは「アニメーション」と「色」(この記事です)
「8×4」新商品で髪の張り付きを解決 利用シーンを描いて自分ごと化を図る
「さらけだ荘」はいかにして生理の悩みを気軽に話せるコミュニティをつくったか
TikTokを起点に話題沸騰 売上にも貢献するドミノ・ピザの縦型動画戦略
「サブウェイの注文方法がわからない」を動画で解決 来店ハードルを下げ集客に
TikTok動画をOOHに横展開 意外性を武器にハイチュウの新たな一面を伝える
ブルドックソースの縦型動画戦略は「商品はあえて中心に据えない」こと
瞬間的に「興味」を生み出し、「購買」まで本当に繋げられるのか?現役TikTokerから、広告クリエイター、SNS担当者が勢ぞろいで解説
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する