販売促進の専門メディア

           

販促会議 企画コンペティション

いい企画を、正しく伝えるための企画書術

嶋野裕介氏(電通)

第14回「販促会議 企画コンペティション(販促コンペ)」で最終審査員を務めた嶋野裕介氏による新連載がスタート。2022年の販促コンペで惜しくも受賞を逃したファイナリストの作品の中から選りすぐりの企画について解説。来る第15回販促コンペに向けた必読の内容だ。

    オリエン内容

    Koala Sleep Japan
    誰もがコアラマットレスで寝てみたくなるアイデア

    TOWN NAP Station
    菊地テスタ(博報堂)
    佐藤秀平(三井住友カード)
    齊藤さやか(早稲田大学)

良かった点

まず目を引くのがキーワードの設定とその見せ方のうまさです。企画書だけで判断されるコンペであることを想定し、文字サイズのメリハリや位置も含めて、読み手(審査員)としっかりコミュニケーションしようとしている企画書の好事例です。スマホの充電と結びつけた表現とCASEは、具体的な説明で分かりやすかったです。イメージイラストも企画書の視覚的理解を早めるために有効であり、かつこの企画書にちょうどいいものが使われていてとても良いと思いました。

惜しい点

特にありません。あえて挙げるなら「睡眠負債」について少しだけ説明などを下につけてあげても良かったかもしれません。


良かった点

それぞれシンプルな説明と分かりやすい絵があるので、コンペ用の企画書としてはかなり分かりやすくて良いと思います。

惜しい点

いくつかありますが一番のポイントは体験者の気持ちの設計です。「街中で本当に寝たいと思えるか」「時間経過と...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する