販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

「そこで日立!」をキーワードにあえて日立の家電品を選ぶ理由を訴求

日立グローバルライフソリューションズ

日立グローバルライフソリューションズは6月6日から、「そこで日立!」をキーワードに、冷蔵庫や洗濯機など家電品の新たな宣伝、販促施策の展開をスタートした。

同社は、コモディティ化が進む家電品のコミュニケーション設計において、競合他社との差異化を図ることが重要だと考えている。そこで、昨年4月に策定したパーパスに基づく「あしたから、もっとハピネス。」というメッセージとともに、暮らしの中の悩みや課題、気づいていなかった「そこ」を見つけ出し、それを解決できるアイテムとして日立の家電品ならではの機能やベネフィットを訴求していくことで、「生活品質(QOL)の向上には日立の家電品じゃないといけない」と認識してもらいたいと考えた。

キーワードの「そこで日立!」は、日立ブランドとして強く伝える、各家電品に共通したコミュニケーションフレームとして立案。技術力の高さや機能性能だけを伝える旧文脈から脱却し、他社に負けない明確な「日立を買うべき理由」や、一人ひとりの生活課題にとことん向き合ってきた「日立にしかないものづくりへのメンタリティ」を伝えることを軸とした。「そこで日立!」は、テレビCMやインターネット、店頭の販促物まで一貫したメッセージとして展開していく。

すでにテレビCM第1弾を放映しているが、販売店からの評判も上々で、「そこで日立!」は消費者への製品説明時にも伝えやすいと期待が高まっているという。

イメージキャラクターには、幅広い年齢層で人気の芦田愛菜さんを起用した。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する