販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

「い・ろ・は・す」がボトルを刷新 「心地よさ」を加えたデザインに

コカ・コーラシステム

コカ・コーラシステムは、ナチュラルミネラルウォーターブランド「い・ろ・は・す 天然水」のボトルを、ブランド誕生以来13年ぶりにリニューアル。6月20日から北海道で先行発売した。

「い・ろ・は・す」は、「おいしい」と「環境にいい」を両立するブランドとして、容器のありかたを探求し続け、2020年3月には「い・ろ・は・す 天然水 100%リサイクルペットボトル」、同年4月には「い・ろ・は・す 天然水 ラベルレス」を発売している。今回のリニューアルでは、近年、自然環境問題やSDGsの認知が一般的となり、心地よく生活することへの意識がさらに高まったことを受け、「おいしい」と「環境にいい」に、新たに「心地よさ」の要素を加えたボトルに刷新した。

今回の刷新のポイントは、水のおいしさや透明感などの価値を伝えるデザイン性を取り入れたこと。側面のリブ構造(溝)をなくしてスパイラル構造を採用し、ラベルをボトル下部に配置したことで、水の流れのような清らかな清涼感や天然水の透明感がより強調される、洗練されたデザインに。また、より快適な飲み心地の実現に加え、空のボトルは横方向からの圧力で簡単に平たくでき、畳んだ後の容積はより小さくなるようにすることで、資源回収や洗浄などのリサイクル工程がより効率的になるようにした。

さまざまな販売チャネルでの販売適性を満たす必要があり苦労したが、事前の消費者調査では、非常にポジティブな評価が得られたという。

新ボトルのイメージ。デザイン性とパッケージの基本物性の達成条件を両立させるため、100種類以上のデザインを考案した。

Idea&Techniques の記事一覧

森永乳業 ダブル高橋名人をアンバサダーに起用したピノゲーキャンペーン
「い・ろ・は・す」がボトルを刷新 「心地よさ」を加えたデザインに(この記事です)
QBBベビーチーズ発売50周年で渋谷に自動販売機を設置
キッコーマンがD2C限定商品専用サイト「亀甲萬本店」を開設
スターバックスが公式アプリで初のサステナブルアクション
交通広告とアプリのプッシュ広告連動で車内体験価値の向上
FRISKが交通広告でコロナ禍の変化を前向きに捉える若者の声を発信
創業50周年のダイソーが15歳以下の商品開発アンバサダーを募集
ドン・キホーテが最新トレンドでZ世代を狙う新形態の店舗を開店
カラコンブランドのエバーカラーが「目」のつく駅にポスターを掲出
味の素冷凍食品「ギョーザ」50周年 子ども向けの教育番組公開
「ポカリ写真部」が写真展を開催 10代の自分らしい生き方を社会に発信
「#ワークマン女子」が銀座に旗艦店 来期の売上目標は年間140億円
KATEが『欲』をテーマにした限定メイクコレクションを発売
airClosetが洋服に合わせたシチュエーションのバーチャル体験を提供
森永製菓がTVアニメ『呪術廻戦』とコラボ 並べたくなる背表紙パッケージ
ローソンが店内コーヒーサービスでリユースカップの提供実験に参画
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する