販売促進の専門メディア

キーワードは「体験」の最適化 いま、人を動かす店舗と手法

販促のプロが注目した過去1年間のプロモーション(2)

アンケートに回答した販促のプロの皆さんに、キャンペーンや店頭施策など、過去1年間で注目したプロモーション事例を答えていただきました。話題になったあの施策から、最新の成功事例まで、一挙にご紹介します。

    事例6 ファミリーマート
    ファミリーマート新PB「ファミマル」ローンチで比較広告

    ファミリーマートは昨年10月、プライベートブランド(自主企画品、PB)「ファミマル」を全国1万6000店舗で発売開始。発売に先立ち、読売新聞朝刊に「負けていたのは、イメージでした。」と大書した全15段の広告を出稿。関東在住の100人に、「“業界1位のコンビニ企業”と、ファミリーマートのハンバーグのどちらがおいしいか」を尋ねた結果を掲載した。

    東京・渋谷駅には「そろそろ、No.1を入れ替えよう。」という交通広告を掲出。全国5都市で駅張りを実施し、店頭での訴求も強めた。ほかにテレビCMや新聞広告、ソーシャルメディアでの広告も実施した。

    事例7 ミツカン
    ミツカングループ「ZENB」リアルな食体験で認知拡大へ

    植物を可能な限りまるごと使い、おいしくてカラダにいいもの、そして人と社会と地球の健康に貢献するというウェルビーイングな食生活を提案するフードブランドZENB。2022年2月7日から約1カ月間をかけて、屋外広告や、カフェやレストランと提携したコラボメニューの提供を、表参道エリアに集中投下した。このエリアに集う健康志向の高い人々を主なターゲットに、SNSも駆使した複合的な拡散施策により、自社製品のみならずプラントベースフードの認知率向上を狙った。

あと63%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

キーワードは「体験」の最適化 いま、人を動かす店舗と手法の記事一覧

キーワードは「体験」の最適化 いま、人を動かす店舗と手法の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する