販売促進の専門メディア

マル秘公開 これがプロの企画書だ!

カンロ×プラザスタイル カンパニー「EMOTIONAL CANDY」の企画書

プラザスタイル カンパニー、カンロ


    オリエン内容

    近年のZ世代の飴離れに問題意識を抱き、Z世代がときめく飴の商品開発をしたい。

プラザスタイル
カンパニー
商品本部
小泉春乃

店舗勤務を経て、商品本部に配属。生活雑貨、ファッション・アパレル、菓子・食品と、さまざまなカテゴリーでバイヤー業務を経験。現在は商品本部 開発課にて、PLAZAオリジナル商品の開発を担当。

プラザスタイル
カンパニー
商品本部
菅野真帆

店舗勤務を経て、現在は商品本部にて、文具・雑貨および、自社ライセンスキャラクター関連グッズのバイヤー業務を担当。自身がZ世代ということで、今回の開発プロジェクトにジョイン。

カンロ
ブランド開発部
松田星来

カンロが日本国内での販売権を有する中国Amos社・4Dグミブランドの国内展開をはじめとしたグミ・飴の企画を主に担当。

カンロ
ブランド開発部
武江史奈

管理栄養士資格を活かした食シーン・インサイトに着目した商品づくりを行い、若年層女性をターゲットにしたグミ・飴企画を主に担当。

CHECK 実現した企画はこちら!
カンロ×プラザスタイル カンパニー『EMOTIONAL CANDY』

パッケージ

多くのZ世代が普段目にしている、スマホの音楽再生画面に見立てたパッケージを採用。グラデーションを用いた曲名や歌詞、シーンを描いたジャケットで移ろいゆく感情の味を表現。

店頭

企画には最前線でZ世代の購買行動を見ている店舗スタッフのアイデアも活かされている。

SNS

発売後は、「歌詞に共感する」「確かに飴の味でストーリーを感じる」「最後まで何味かわからないからおもしろい」など消費者からのSNS投稿が多く見られた。



これまでになかったコンセプト 発売前からの話題化に成功

Z世代の飴離れに問題意識を抱いていた、キャンディメーカーであるカンロと、Z世代に対してトレンドやライフスタイルを発信してきたPLAZAがタッグを組み、Z世代向けの飴を新規開発。スマホの音楽再生画面をイメージしたパッケージ正面にはジャケット写真が、裏面には音楽を想起させるような詩が載せられている。世界観を目・舌・心で味わうキャンディで、これまでになかったコンセプトは、発売前からSNSで大きな話題となった。

発売後は、「確かに飴の味でストーリーを感じる」「最後まで何味かわからないからおもしろい」など、目指していた消費者からの声がSNSで数多く...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧

マル秘公開 これがプロの企画書だ!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する