販売促進の専門メディア

           

Idea&Techniques

日産がNEXCO中日本とEV普及啓発

日産自動車

日産自動車は、脱炭素に貢献する電気自動車(EV)を普及させるための啓発活動として、日産車を含むすべてのブランドのEVオーナーへプレミアムな体験を提供するプロジェクト「GREEN PASS powered by NISSAN」を、2月17日から3月16日まで中日本高速道路(NEXCO中日本)とともに実施。

これは、EVを利用している人に対し、東名高速道路の海老名サービスエリア下り内において、ゆっくりとくつろぎながらプレミアムな休憩ができるラウンジ「GREEN LOUNGE」の提供や、5カ所のサービスエリアとパーキングエリア内で使える「GREEN COUPON」の配布を行うというもの。「GREEN LOUNGE」では、サステナブルをコンセプトに、リサイクル可能な段ボールでつくられた家具の使用や、気候変動によっていつか食べられなくなるかもしれない絶滅危惧食材でつくられた「GREEN LOUNGE BURGER」の提供などを行った。

反響は想定を大きく超え、ラウンジには休日のみならず、平日も多くの人が足を運んだという。また、サービスエリアの入り口付近に設置できたこともあって、EVオーナー以外のドライバーにも目に留めてもらい、興味を持ってもらえるきっかけづくりができたと考えている。

利用者からは、日産車オーナーに限らない施策である点に「日産のEVリーダーとしての本気を感じた」という声が聞かれたほか、「CHAdeMO(EVの急速充電方式の規格名)の通り、お茶でも飲みながら充電時間を楽しく快適に過ごすことができ、EVでのお出かけが一層楽しめた」との声もあった。

日産自動車は、2010年に世界で初めてグローバルな量産型EVを発売して以降、EVのパイオニアとして普及に取り組んできた。当施策の対象を日産車オーナーのみにすべきかどうかは議論となったが、本気でEVの普及を推し進めるためにはメーカーを限定せずに実施するべきだとの考えに至った。

海老名サービスエリア下り内に設置した「GREEN LOUNGE」。

リサイクル可能な段ボールでできた家具を使用したラウンジの内装。

ラウンジ内の椅子「やすらぐほど充電できる椅子」では、くつろぎながらスマートフォンへの充電も可能。スマートフォンへの充電は日産リーフからの給電。

「GREEN LOUNGE BURGER」は、ミシュラン一つ星レストラン「sio」のオーナーシェフである鳥羽周作氏監修のもと開発。ペアリングドリンクとともに、無料で提供した。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する