販売促進の専門メディア

広告企画

「ひつじのショーン」「サンダーバード」コラボPJ開催レポート

東北新社

子どもだけでなく大人の女性からも愛される「ひつじのショーン」と生誕55周年を迎え今もなお根強い人気を誇る「サンダーバード」。2021年4月、本誌を通じて2作品とコレボレーションする企業・団体を募集したところ多くの応募があった。その中から選出され、実施したコラボ事例を紹介する。

    ひつじのショーン
    西友「みなさまのお墨付き」

    西友ではプライベートブランド「みなさまのお墨付き」の10周年に合わせ、「ひつじのショーン」とのコラボレーションを2022年3月1日より開始している。

    「みなさまのお墨付き」10周年の話題化と「ひつじのショーン」が好きなファミリー層と大人女性への訴求を目的にコラボレーションを展開。「ひつじのショーン」も2022年に15周年を迎えること、また、「みなさまのお墨付き」も「ひつじのショーン」も白と黒のカラーリングが似ている点もコラボレーションする決め手になったという。

    「店内装飾」と「ぬりえ大会」を中心に、年間を通してコラボレーションは展開する。サイニングやポスター、ステッカーの他、店舗装飾や棚のディスプレイでも「ひつじのショーン」を生かした展開を行う。同時に、ショーンの着ぐるみと一緒に写真を撮ることができるスペシャルイベントも開催予定だ。

    また、全国の西友・サニーの店舗では「春」、「夏」、「ハロウィン」、「クリスマス」をテーマに、季節ごとにショーンのぬりえ大会を実施する。塗り終えた作品は店頭の専用ボックスに投函してもらい、すべての作品が店内に貼られた掲出用ポスター上に随時掲示されていく。

    このコラボレーションの反響について西友の担当者は、SNSでは「『ひつじのショーン』が好きだから『みなさまのお墨付き』を買うのが楽しみ」など好意的な意見が多くみられると喜ぶ。また、各店舗からもショーンとコラボしたぬりえ大会はよい取り組みだという声もあがっているという。

    ひつじのショーン
    ナック「クリクラ」

    宅配水「クリクラ」では新規獲得・販促キャンペーンで「ひつじのショーン」とのコラボレーションを実施した。

    幅広い層に人気の「ひつじのショーン」をフックに、クリクラの認知向上を狙うことを目的とした「クリクラmeetsひつじのショーン『クリクラ クリスマスキャンペーン』」を開催。クリクラの新規契約者には150cmの巨大なショーンぬいぐるみをはじめ、「ひつじのショーン」グッズが抽選で当たる。また、キャンペーン周知のため、Twitterでフォロー&リツイートキャンペーンを併せて行ったところ、1万件を超す応募(リツイート)があった。

    クリスマスキャンペーン中はクリクラのエコへの取り組み紹介でも「ひつじのショーン」を活用。幅広い層に愛されるキャラクターという特性を生かし、注力している環境への取り組みへ興味を持ってもらえるようにした。

    サンダーバード
    グッドイヤー「VECTOR 4SEASONS CARGO」

    グッドイヤーはオールシーズンタイヤ「VECTOR 4SEASONS CARGO」と「サンダーバード」のコラボレーションを実施した。

    ターゲットの年齢層が、サンダーバードを認知している層とマッチしていたこと、また、サンダーバード=国際救助隊と「VECTOR 4SEASONS CARGO」が先進技術を駆使して安全を守るという共通点からコラボレーションを実現した。コラボレーションにあたり、オリジナルの冊子を作製したところ、通常の紹介用冊子と比較するとすでに5倍近くの配布を行ったという。冊子は4月までの配布を予定しており、配布量は更に増加すると見込んでいる。

    店頭での評判も良好であり、タイヤに興味がないお客さまも手に取って内容を見てくれているとの声が多くあったという。特に、今回の商品のターゲット層である40代〜60代の男性からの反響が高く、改めて「サンダーバード」というコンテンツのネームバリューの高さを実感したと担当者は語った。

モニタープロジェクト事務局から

この度は「ひつじのショーン」「サンダーバード」のコラボレーション企画モニター募集に、200件近いご応募をいただき、ありがとうございました。

「ひつじのショーン」は全年齢を対象としたファミリー向け、また20歳以上の女性に向けた企画でありがたいことに多くのご応募をいただきました。

今回ご一緒した西友さんでは、年間を通じた全国でのお取り組みで一緒に周年を盛り上げるきっかけになったと思います。また、ナックさんとのお取り組みではクリスマスのキャンペーンのみならずエコへの取り組みの紹介としても「ひつじのショーン」を使用していただきました。「ひつじのショーン」の撮影では、使用するセット作りの段階から廃棄資材の活用やリサイクルといった環境に配慮した取り組みが制作元のアードマン・アニメーションズによって行われています。今後はSDGsの文脈でもキャラクターの活用が期待されています。

一方、「サンダーバード」は40歳以上向けの商品やサービスで多くご応募をいただきました。また、担当者自身がサンダーバードのファンという方も多く、とても高い熱量でご期待を寄せていただきました。グッドイヤーさんとの取り組みでは、先進技術を用いて安全を守るというミッションと世界観が非常にマッチしたコラボレーションとなりました。

今後も各作品の世界観を守りつつ、様々な企業・団体とのコラボレーションを進められればと思います。

SHAUN THE SHEEP AND SHAUN'S IMAGE ARE™ AARDMAN ANIMAtiONS LTD.2022

Thunderbirds ™ and © ITC Entertainment Group Limited 1964,1999 and 2022. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.



広告企画 の記事一覧

NTTデータの新サービス「BizXaaS MaP(R)人流分析」で店舗出店・運営の最適化を実現
「ひつじのショーン」「サンダーバード」コラボPJ開催レポート(この記事です)
「第36回全日本DM大賞」の受賞作が発表に
大阪の中心地に最新鋭の大型カンファレンス施設がいよいよオープン
お店やウェブサイトで活用可能なギフトカード「JCBプレモカード」
最初の一歩をいかに踏み出すか 販促現場でSDGsに取り組むには
リンナイとラクスルが取り組む販促ツール制作のコストダウンと効率化
「東京」ブランドを販促に 広がる「Tokyo Tokyo」の活用
法人向け楽天ポイントギフトカードの本格展開を開始
「売れなかった」要因は売り場にあり?ダノンがデータ活用で実現する、『良い』売り場
デジコの交換先に新たに「PayPay」が追加 販促への活用が進むデジタルギフト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する