販売促進の専門メディア

広告企画

「第36回全日本DM大賞」の受賞作が発表に

全日本DM大賞事務局

過去一年間に企業から実際に発送されたダイレクトメール(DM)を全国から募り、優れた作品を表彰する「全日本DM大賞」。36回目を迎えた今年は、応募総数710点から28作品が入賞を果たした。ターゲットへの的確な情報提供ができるというDMの特徴を活かし、顧客企業のマーケティング担当者の理解や認知を引き上げることに成功したBtoBにおける優れた作品が目立った。最高賞のグランプリをはじめ、特に高い評価を得た3作品を紹介する。

    金賞(グランプリ)
    苦労していた営業活動、“カフェ”が解決!

    認知拡大&新規獲得!toB向けカフェ風DM

    DMコンセプト「イムカフェオープン」に合わせ、封筒は店舗外観、サービス内容はメニュー風、メンバーはカフェ店員と、DM全体をすべてカフェの雰囲気で統一。

  • 広告主:イムラ封筒
  • 制作者:イムラ封筒
  • 同社は2021年、新たな事業として顧客のダイレクトマーケティングを総合的に支援するサービス「イムらと」を立ち上げた。しかし、顧客における同社のイメージは封筒製造業者やメーリング事業会社という捉え方が根強い一方、これまで封筒などの有形商材を主に扱ってきた営業メンバーも顧客の課題を解決するという無形商材を、どう営業したらいいかよく分からないという課題があった。そこで、「イムらと」のサービス内容とブランドの認知拡大を行い、顧客獲得を目指すDMを実施した。

    送付相手は、通販を主な事業とする未取引企業や既存顧客のマーケティング担当者。DMのコンセプトは、売り込まない無料相談所「イムカフェ」。顧客が抱えるダイレクトマーケティングの課題や悩みを、気軽に無料で相談できるカフェがオープンしたという設定でDM全体を設計した。

    封筒はカフェ外観をモチーフにデザイン。表面の窓の部分は中がすりガラス風に透けて見える特殊窓とし、窓部分の封筒内側にポケットを付け、ここに特製のドリップコーヒーとコースターを入れた。ドリップコーヒーの袋に印刷された、コーヒーを飲みながら談笑している人の姿が、特殊窓のすりガラスから見える仕掛けだ。「イムらと」は、メンバーが企画から印刷まで丁寧に顧客に向き合いサポートするのが特徴。

    そこで、メンバーにフォーカスしたチラシを作成した。メンバーがカフェ店員風のユニフォームを着て、思い思いのポーズの全身写真をチラシに掲載。メンバーのメッセージや趣味などを記載した個別ページもそれぞれ作成し、チラシのQRコードから遷移できるようにした。

    DMを受け取ったマーケティング担当者からは「こんな幅広いサービスを展開しているとは知らなかった」「面白いDMが作れるんですね」といった感想と同時に、DMに使った封筒や仕掛けを活用したいという問い合わせも寄せられた。新規顧客も4件獲得。同社顧客はLTVが高いため、今回のDMによる顧客開拓は大きな成果となった。

    DM封筒の窓から見えるのはコーヒーのドリップパックで、コースターも同封して送付された。

    金賞(審査委員特別賞実施効果部門)
    返礼品が逆に届いた!?というインパクトを創出

    ふるさと納税返礼品風DMで認知・拡販に大成功!

  • 広告主:ネクスウェイ(システム開発)、エッグ(販売元)
  • 制作者:フュージョン
  • 小規模自治体にとって、ふるさと納税寄附の受領書発送業務は大きな労力を要し、業務が年末に集中するのが課題だった。

    ネクスウェイの「ふるさと納税寄附金受領証明書発送代行サービス」は、発送業務の負担を大幅に減らすことができるのがメリット。DMは、ふるさと納税返礼品風の段ボール箱を外封筒にして「返礼品が届いた!?」と担当者に思わせるインパクトを創出。商談アポ獲得率は想定を超える10.6%、売上見込みは6,000万円。主なターゲットである911自治体の担当者のフルネームとメールアドレスの獲得率も、それぞれ94%、86%に達した。

    銀賞
    DMで旅行への罪悪感を払拭し、予約者数が前年の約5倍に

    「日本のハワイ」パスポート 夏の冒険ハワイアンズ

  • 広告主:常磐興産
  • 制作者:シスク
  • ファミリー旅行客へ向け、夏休み期間に旅行に来てもらうためにDMを活用。子どもが中心となって旅行の計画を立て、旅行後には旅の思い出を書き込めるようにデザインし、子どもの良い経験や家族の会話のきっかけとすることで、コロナ禍で旅行しづらい雰囲気がある中でも罪悪感なく足を運んでもらえるよう工夫した。他媒体からの予約者数はコロナ禍前の15〜40%に留まる中、DMからの予約者数は60%にまで伸長し、前年比では約5倍の予約者数を獲得した。

優れたレスポンスのDM具体事例を分析!戦略、クリエイティブ、効果を読み解く

幅広い業種のDM成功事例を解説。「To B向け」のメッセージで顧客を開拓した事例、Webとの連携で相乗効果を生み出した事例、コロナ禍でのインナーに向けた事例など。DM制作の実践に役立つ1冊。

【事例で学ぶ】成功するDMの極意 全日本DM大賞年鑑2022
判型 A4版
頁数 96ページ
定価 1,980円(税込)
発行 宣伝会議
発売 4月13日予定
ISBN978-4-88335-554-9

    お問い合わせ

    全日本DM大賞事務局(株式会社宣伝会議内)
    https://www.dm-award.jp
    TEL:03-3475-7668
    E-mail:info@dm-award.jp

広告企画 の記事一覧

NTTデータの新サービス「BizXaaS MaP(R)人流分析」で店舗出店・運営の最適化を実現
「ひつじのショーン」「サンダーバード」コラボPJ開催レポート
「第36回全日本DM大賞」の受賞作が発表に(この記事です)
大阪の中心地に最新鋭の大型カンファレンス施設がいよいよオープン
お店やウェブサイトで活用可能なギフトカード「JCBプレモカード」
最初の一歩をいかに踏み出すか 販促現場でSDGsに取り組むには
リンナイとラクスルが取り組む販促ツール制作のコストダウンと効率化
「東京」ブランドを販促に 広がる「Tokyo Tokyo」の活用
法人向け楽天ポイントギフトカードの本格展開を開始
「売れなかった」要因は売り場にあり?ダノンがデータ活用で実現する、『良い』売り場
デジコの交換先に新たに「PayPay」が追加 販促への活用が進むデジタルギフト

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する