販売促進の専門メディア

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪

1年364日がクリスマスイブ 80年代から続く人気ショップ

代官山 クリスマスカンパニー

購入の数十年後に客が再来店 おうち時間が増えツリーは完売 オンラインショップもスタート

クリスマス気分を盛り上げる店頭ショーウインドウのツリーとそれを彩るオーナメント類


東横線代官山駅から歩いて5分程度、長年落ちついたたたずまいのヒルサイドテラスに店を構える「代官山 クリスマスカンパニー」。1985年に「364日、クリスマスイブ」をコンセプトにオープンしたクリスマスグッズ専門店だ。今や同テラスでも一、二を争う老舗テナント。当初運営していた企業が1998年に撤退する際に引き継いだのが現オーナーの山﨑公美さん。「それまで店舗運営の経験もありませんでしたが当時近所に住んでおり、この店をなくしてはいけないとの思いが強かったのでしょう」と振り返る。

店内にはクリスマスツリー用のトップやリースなど様々なオーナメントをはじめとして、スノードーム、リボン、クリスマスカード、オルゴールやプレゼントにふさわしい雑貨類などが所せましと並ぶ。ドイツやヨーロッパ各国からの輸入アイテムが中心。「溢れんばかりにアイテムが並ぶ展示スタイルも装飾台の配置もオープン以来ずっと変わりません」と山﨑さんは語る。

同店には長く通う客が多い。取材中、来店していた若い女性客はツリーオーナメントのリボンについて「去年も一昨年も買いましたがデザインが変わりましたか?」とスタッフに尋ねていた。

顧客が家にクリスマスツリーを飾り始めるのは結婚や子どもの誕生など人生の転機を迎えた時が多いと山﨑さん。「毎年オーナメントを買い足し、お子さまの成長と共にツリーが完成するご家族に寄り添っていけるのが喜びです」。

二十数年前の夏...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪 の記事一覧

1年364日がクリスマスイブ 80年代から続く人気ショップ(この記事です)
女性経営者が引き継いだ映画館 ドキュメンタリー上映で満席に
コロナ下でも利益率アップ 原宿で三代続く老舗米店
メニュー、内装もレトロな喫茶店「不純喫茶ドープ」の愛される理由
古民家をリノベーションした人気店舗「コーヒーで人と人をつなぐ」
日本初、電動アシスト自転車の専門店 コロナに負けず業績UP

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する