販売促進の専門メディア

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪

女性経営者が引き継いだ映画館 ドキュメンタリー上映で満席に

横浜シネマリン

私財を投じてリニューアル 社会的なテーマの作品を多く扱う 地域店舗ともコラボレーション

横浜・伊勢佐木長者町、後継者のいなかった映画館を継承して全面改装した八幡温子さん。


横浜シネマリンはJR関内駅から徒歩約5分、伊勢佐木長者町交差点そば、古いビル地下にある小さな映画館。

同館は1954年に「横浜花月映画劇場」として開館し、変遷を経て1986年「横浜シネマリン」に改名した。2014年、デジタル化の波に乗れず閉館に迫られていたのを知り、現オーナーの八幡温子さんが運営を引き継いだ。彼女はそれまで地元横浜の映画好きな仲間で集う「横浜キネマ倶楽部」で事務局長を長く務めたが、映画館の経営経験は全くない。しかし、意を決して前オーナーから会社を買い取った。

館内外にリノベーションを施したが築60年超の古いビルは老朽化が激しかった。工事中に地下水が出たり古い空調機を動かしたら中からカビが散り出てしまったことも。仕方なく父親から引き継いだ不動産業の蓄えも投じた。結果、スクリーンを大きくし、165席あった席数はゆったりめの102席に。前後で椅子の位置をずらして後方の席でも画面がよく見えるようにした。

リニューアル後は八幡さんの方針でドキュメンタリー作品や社会的なテーマを持つ作品を特に多く上映する。1日の内に独自の特集や日本映画、洋画、ドラマなど様々な分野の映画が並ぶ編成だ。例えば、渥美清特集では彼がアフリカに長期ロケに赴いた『ブワナ・トシの歌』がかかる一方、地元横浜中華街の変遷を追うドキュメンタリー『華のスミカ』も...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

常連になりたくなる まちの愛され店舗探訪 の記事一覧

女性経営者が引き継いだ映画館 ドキュメンタリー上映で満席に(この記事です)
コロナ下でも利益率アップ 原宿で三代続く老舗米店
メニュー、内装もレトロな喫茶店「不純喫茶ドープ」の愛される理由
古民家をリノベーションした人気店舗「コーヒーで人と人をつなぐ」
日本初、電動アシスト自転車の専門店 コロナに負けず業績UP
パイにショートケーキ、すべてバナナ尽くしの人気スイーツ店

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する