販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

「顔についたクリーム」の名前を募集しスイーツを食べる幸せを訴求

モンテール

洋生菓子の製造販売を行うモンテールは、「スイーツでつながる幸せプロジェクト」の一環として、「#顔についたあのクリームに名前をつけようキャンペーン」を6月21日〜8月1日にかけて実施した。

「スイーツでつながる幸せプロジェクト」は、アレンジレシピの提案やコラムの展開などを通じて、スイーツを食べたときの幸せな気持ちを共有することを目指したプロジェクト。その中で、スイーツを頬張ったときに口の周りについたクリームはその幸せなひとときを象徴するものではないかと考え、そのクリームに名前をつける今回の企画を立案した。

第1弾として、6月21日〜7月4日にSNSで顔についたクリームの名前を募集。その中からいくつか候補を選び、続く7月12日〜8月1日の第2弾で決選投票を行った。名前案は、自由に考えてもらう形としたため参加ハードルが高いことを懸念したが、2700件を超える応募があった。その中から表現の方向性が異なる4つの名前で決選投票を行い、2866票中1300票以上を集めた「にっこりーむ」が選ばれた。一連の投票を通して、わが家ではこう呼んでいるといったエピソードなども寄せられたという。

この決定に合わせて、同日からSNSで「にっこりーむ」がついた写真を募集する「#にっこりーむ フォト投稿キャンペーン」を実施。スイーツをおいしそうに食べている子どもの写真など、たくさんの応募が寄せられ、今後も定期的に開催する予定としている。

キャンペーンサイトでは、歌人の俵万智さんが書き下ろした「#顔についたあのクリーム」にまつわる特別エッセイも掲載した。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する