販売促進の専門メディア

いま、選ばれる商品・デザイン

情緒的な価値が高まる文房具 持っていると気分があがるデザインとは

大塚さゆり氏(サクラクレパス)

クレパスやクーピーペンシル、ピグマなど、時代ごとに新しい文房具を生み出してきたサクラクレパス。同社が大切にしている情緒的な価値について、ヒット商品を例に話を聞いた。

サクラクレパス
マーケティング部 広報担当
大塚さゆり(おおつか・さゆり)氏

大学卒業後、ランドセルメーカーにて広報を担当。2016年にサクラクレパスに入社し、現職。サクラクラフトラボのプロジェクトに参加するほか、広報担当として一人、SNSなどを含む広報業務全般を担う。

大人が楽しむ文房具

──様々な展開をされているクーピーペンシルのパッケージについてお伺いできますでしょうか。

クーピーは、1973年に発売した全芯タイプの色鉛筆です。パッケージのデザイン、色合いは発売当時から変わっておらず、そのことがこだわりになっています。それだけ完成度の高いデザインが当初からできあがっていたと言えます。「懐かしい」と言ってもらえますが、「古臭い」とは言われない。そういったノスタルジックなデザインであり、近代的でもあるデザインです。

そのため、色合いやイラストの配置なども厳密に管理しています。昔はコラボ商品などで多少、自由度のあるデザインも許容していたのですが、今ではイメージを変えないために管理体制も整えました。

クーピーペンシルの「クーピー(COUPY)」は、「打つ」「一撃」という意味があるフランス語の「COUP(クー)」という単語に「Y」を付けて、可愛らしく耳にやわらかく響くようにした造語です。軸全部が芯で、かつ消しゴムで消せるという今までの色鉛筆カテゴリーにはない画期的な商品でしたので、新市場を開拓するという攻める思いをこめて名づけられました。

──現在はどのように売れているのでしょうか。

購入されるのは、お子さんのために買う親御さんが多いです。いま親になった人にとっては、子どものころに使っていたブランドであり、お絵描きの時間のワクワクした思い出が残っています。このデザインを一目みることでクーピーだとわかるのは強みだと思います。

また最近では、大人自身が楽しむために購入されることも増えています。巣ごもりによって塗り絵の需要が出て来ているのです。外に出られないストレスの発散や、集中力アップを目的として注目されているようです。クーピーは手触りが他の文具と違いますので、久しぶりに使うと気分が高揚します。そういう感覚を思い出すのも、いい刺激になるのだと思います。

今年10月には創業100周年記念商品として...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

いま、選ばれる商品・デザインの記事一覧

いま、選ばれる商品・デザインの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する