販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

データ連携で視認者の気持ちに寄り添う「空気を読むメディア」

平井健一郎

森永製菓/inゼリー エネルギーレモン

今年の夏も暑かった。マスク生活が続くなか熱中症の心配をしながら過ごした人もいたのではないだろうか。今回はそんな暑い夏に実施された新しいOOHの事例を紹介したい。

今年8月、都内を走るタクシー50台の後部窓ガラスに森永製菓「inゼリー エネルギーレモン」の広告が掲出された。「暑い暑い暑い⋯⋯。」と連呼する櫻井翔さんのビジュアルが印象的だが、さらに注目すべきは広告右側の熱中症情報だ。ウェザーニューズの提供する翌日の熱中症予報データと連動し、熱中症の注意喚起レベルが切り替わる仕組みとなっている。このような「天気×マーケティング」というOOHの新しい試みに対して、森永製菓がいち早く取り組んだ形だ。

また、本事例ではタクシーの乗客に対して商品のサンプリングも行なっている。この広告展開はSNS上でも大きな反響があり、実際にタクシーを利用した人のツイートには数千件のいいね!がついたものもあった。真夏の暑い時期に、まさに機を捉えたOOHの使い方といえるだろう。

メディアを開発したニューステクノロジー社によると、この車窓モビリティサイネージサービス「Canvas」は、乗客が利用していない時間帯の有効活用という考えで生まれた媒体だそうだ。車内に設置されたプロジェクターから...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

無形サービスのSNS活用事例「YOUTRUST」
データ連携で視認者の気持ちに寄り添う「空気を読むメディア」(この記事です)
「美味しさ」と「食べやすさ」を見事に表現している食品サンプル
レトロが心地よい、心のあるパッケージデザイン
スマホとPCで見えている世界は異なる
ビルから飛び出す街のアイコン クロス新宿ビジョン「巨大3D猫」
買い物客一人ひとりに向き合う店頭DX施策
ポップでオシャレな渋谷区のビール
余白を残したコンテンツを発信することの意味
シェアリングエコノミーの媒体価値
木材を効果的に使用した什器、素材から伝わる様々な価値
今だからこそのDEAN & DELUCAのパッケージ
「ファンベース」に「SNS」は不可欠?
アートの力でWOW!を創出

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する