販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

レトロが心地よい、心のあるパッケージデザイン

小川裕子(小川裕子デザイン)

アサヒ生ビール マルエフ

アサヒビールは9月14日に“マルエフ”の愛称で親しまれている「アサヒ生ビール」の缶を復活発売した。今から約35年前の1986年(昭和61年)に発売し、翌年発売した「スーパードライ」の大ヒットの足掛かりとなり、1993年に惜しまれつつも缶は終売となった。飲食店では樽生で展開されており、愛され続け、缶の復活も望まれていたようだ。

味は“コクがあってキレがある。さらにまろやかなうまみのある”ビール。とのこと。アサヒ生ビールの下に“マルエフ”と書かれているが1986年の発売当初の愛称なのだとか。意味は“幸運の不死鳥(FORTUNE PHOENIX)”が由来のマルエフ(F)が開発記号でそのまま定着し、今回の復活でその愛称がパッケージに登場したというわけだ。だから缶のデザインにも不死鳥が描かれており、何ともレトロな色合いに仕立てたのも納得である。

初めてこの復活ビールの発売を知ったのはテレビニュースだった。まだ発売前であったが画面越しに見たパッケージデザインの何とも懐かしいような、心が落ち着くような、癒される表情に目を奪われた。最近メロンソーダや昔ながらの喫茶店が注目されるなどレトロブームでもあるが、この商品は今の時代に人の心にスーッと入って来てくれる心のあるデザインではないだろうか?決して...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

無形サービスのSNS活用事例「YOUTRUST」
データ連携で視認者の気持ちに寄り添う「空気を読むメディア」
「美味しさ」と「食べやすさ」を見事に表現している食品サンプル
レトロが心地よい、心のあるパッケージデザイン(この記事です)
スマホとPCで見えている世界は異なる
ビルから飛び出す街のアイコン クロス新宿ビジョン「巨大3D猫」
買い物客一人ひとりに向き合う店頭DX施策
ポップでオシャレな渋谷区のビール
余白を残したコンテンツを発信することの意味
シェアリングエコノミーの媒体価値
木材を効果的に使用した什器、素材から伝わる様々な価値
今だからこそのDEAN & DELUCAのパッケージ
「ファンベース」に「SNS」は不可欠?
アートの力でWOW!を創出

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する