販売促進の専門メディア

「販促メディア」を使いこなす!

導入のハードルが下がり、活用が広がる 大型デジタルサイネージの価値

長岡侑人氏(オール)

店舗や駅など、様々な場所で目にするようになった大型のデジタルサイネージ(LEDビジョン)。単にその大きさから視認性が高いことはわかるが、それ以外に導入が増えた理由はあるのだろうか。企業、自治体が設置を進める理由や目的について、オールの長岡氏に話を聞いた。



──デジタルサイネージは、どのような場所に設置・導入が進んでいるのでしょうか?

現在は、特にスポーツやアパレルなどのブランドショップ、商業施設、交通機関などで設置が進んでいます。ブランドショップでは店舗の内外、商業施設や交通機関は人通りの多いところへの設置が増えています。また、最近では、導入が進んでいるこれら施設以外でも自治体が大型デジタルサイネージ(LEDビジョン)に注目しており、観光地における観光案内やPR映像を映すアイテムのひとつとしてLEDビジョンの導入がスタンダードとなり始めています。

──それらの場所で、どのように活用されていますか?また、LEDビジョンの持つ価値について教えてください。

ブランドショップでは、空間演出のひとつとして活用されており、店舗の雰囲気や店舗への期待感をつくったり、ブランディングの役割を担っています。サイネージで流すコンテンツは、簡単にオンラインで切り替えられるので、タイムリーにコンテンツを更新できます。そのため、Webのコンテンツと連動した展開ができ...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

「販促メディア」を使いこなす!の記事一覧

「販促メディア」を使いこなす!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する