販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

ポップでオシャレな渋谷区のビール

小川裕子(小川裕子デザイン)

コエドブルワリー/渋生(しぶなま)

渋谷区観光協会公認 渋谷ご当地クラフトビール「渋生(しぶなま)」が2020年9月26日より発売されていた。長年、渋谷区民にもかかわらず、実はこの存在を知ったのは最近である。何ともお恥ずかしい。

目にするようになったきっかけは区内のセブン-イレブンで見かけるようになったからである。レジ前に箱置きで積まれており、そのラベルデザインが何とも気になり、立ち止まってしまった。

「区のビール?」「そのようなものが存在するのか?」「割とよくあるのか?」「ご当地ビールはあるが、区?」。デザインが何とも若々しくオシャレで渋谷の象徴である忠犬ハチ公やモヤイ像、スクランブル交差点、地下鉄の銀座線などがポップなイラストで描かれており、まるで街遊びをしているような気分だ。軽やかさ・明るさに惹かれ渋谷区在住の私の心も虜にさせた。

味わいはとてもふくよかで、かつ飲みやすく、奥行きもあり、どの食事にも合いそうで開放感を感じる印象だ。渋谷の街にぴったりの味だと思う。ビール酵母・ワイン酵母・日本酒酵母が使われているそうだがきっと試行錯誤されたのだと推測できるすばらしい味だ。観光客の方々がメインターゲットなのかもしれないが、渋谷区に住んでいる住民、渋谷を愛する人々にも浸透するのではないかと思う。

CVSで販売してくれたことが地域に浸透するきっかけに大いになるのではないだろうか。私自身...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

スマホとPCで見えている世界は異なる
ビルから飛び出す街のアイコン クロス新宿ビジョン「巨大3D猫」
買い物客一人ひとりに向き合う店頭DX施策
ポップでオシャレな渋谷区のビール(この記事です)
余白を残したコンテンツを発信することの意味
シェアリングエコノミーの媒体価値
木材を効果的に使用した什器、素材から伝わる様々な価値
今だからこそのDEAN & DELUCAのパッケージ
「ファンベース」に「SNS」は不可欠?
アートの力でWOW!を創出
買い物行動に合致するサイネージ什器
ファミマの「なんか綺麗でオシャレそうな物」
海外バイヤーに向けたBtoBライブコマース
SNSは情報発信だけではなく「傾聴」活用にも

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する