販売促進の専門メディア

REPORT

世界の小売業ランキング2021 日本企業は28社がトップ250にランクイン

デロイト トーマツ グループは、今年で調査開始から24回目を迎えるGlobal Powers of Retailingの最新版を日本語訳したレポート「世界の小売業ランキング2021」を発表した。公表データにもとづいて、2019年度(2020年6月30日までに期末を迎える各企業の事業年度が対象)の世界の小売企業から上位250社を選定。

今回の調査結果として、上位250社の総小売売上高は4兆8,500億米ドル(前年度は4兆7,400億米ドル)、平均小売売上高は194億米ドル(前年度は190億米ドル)、2014年から2019年度における小売売上高の年平均成長率は5.0%となった。

20年にわたり世界の小売企業上位250社のトップに君臨するWalmartは、主に米国の既存店売上高の伸びにより、2019年度の小売売上高成長率が1.9%となった。

Amazon.comが昨年まで6年連続2位にランクインしていたCostcoを抜き、世界第2位の小売企業へと躍進。

今回、日本企業でトップ250入りした企業数は昨年より1社減の28社、最上位は14位にランクインしたイオン。また今回、ヤオコーが初めて249位にランクインを果たした。

上位250社の中で最も急成長を遂げたのは、新たに上位250社に加わった189位の...

あと61%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

REPORT の記事一覧

世界の小売業ランキング2021 日本企業は28社がトップ250にランクイン(この記事です)
消費者を惑わすサイト設計「ダークパターン」とは?
嫌われる販促 消費者保護の歴史を振り返る
顧客と従業員双方の体験価値向上を目指そう

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する