販売促進の専門メディア

SHOW YOUR SHOP!

100年後を見据えた公園へ 千葉の「循環する」グランピング施設

small planet CAMP & GRILL

東京湾に面した稲毛海浜公園(千葉市美浜区)を再整備する新プロジェクト「SUNSET BEACH PARK INAGE」の第一弾としてオープンしたグランピング施設「small planet CAMP&GRILL」は、楽しむだけでなく、ニューノーマル時代の自然と共生するライフスタイルを体験できる施設だ。

豊かな自然を活かしたランドスケープのなかに、7棟を点在させたグランピングエリア。アウトドアスピーカーが設置され、日中は音楽が流れている。


千葉市は稲毛海浜公園を再整備することでより魅力的で賑わいのある場にするために、民間事業者から事業提案を募集。その結果選ばれたのが、ワールドパーク(同市)が主体となって推進するプロジェクト「SUNSET BEACH PARK INAGE」だ。その第一弾として4月22日にグランドオープンした「small planet CAMP&GRILL」は、早くも予約が取りづらい人気施設となっている。まずは8棟のグランピングエリアと30サイトのバーベキューエリア、予約なしで利用できるカフェエリアでオープンし、秋以降に新たなグランピングエリアのオープンを予定する。

これからのニューノーマル時代に合った自然と共生しながら楽しむライフスタイルを実現する新時代のグランピング施設を目指し、クリエイティブディレクターには、“ライフスタイリスト”として活動する大田由香梨氏を招聘。大田氏自身、最初に訪れたときには暗くてちょっと怖いという印象だった公園を恵まれた自然環境を活かしたモダンな演出と空間デザインで新たな命を吹き込んだ。

宿泊にはディナーと朝食がセットになっており、食材は“千産千消”(地産地消)をテーマに、千葉県下の農家と提携。採れたての食材をふんだんに取り入れ、アウトドアでありながらひと手間かけたオーベルジュのようなメニューを専属のフレンチシェフが考案。子ども向けやヴィーガン対応などのメニューも用意している。食事は屋外に並べられたアンティークのダイニングテーブルと椅子に座り、海の香りと森の息吹を感じながら楽しむ。

キーワードのひとつが、サステナビリティ。食べ残したものは各自がバケツに集め、コンポストで...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

SHOW YOUR SHOP!の記事一覧

SHOW YOUR SHOP!の記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する