販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

ランドセルの無人ショールームが開店 来店予約から入退場まで完全に自動化

鞄工房山本

鞄工房山本(奈良・橿原)が手掛ける自社製造のランドセルブランド「鞄工房山本」は5月17日、来店予約から入退場までを完全に自動化した無人ショールームを表参道にオープンした。

無人ショールームには、スマートフォンでの解錠やクラウドを通じた入退室管理が可能なIoTサービス「Akerun」を導入。専用の予約ページから来店予約をすると、予約者へショールーム入口のロック解除に必要なURL付きのメールが送信される。そして、予約時刻に解錠用URLにアクセスすると、ショールームの扉に設置されているAkerunが作動し、ロックを解除するという仕組みになっている。来店者に疑問点があれば、ランドセル選びの悩みを解決する動画の提供や、スタッフとの電話相談などでサポートする。

背景には、奈良に本社を置く小規模企業として、遠隔地のマネジメントにはスタッフの確保や管理といった課題があったことや、コロナ禍でも安心して来店できる環境をつくりたいとの思いがあったという。

無人ショールームの運営を通して、「様々な店舗運営の形態の可能性を探ることも目標」と、広報の山本一暢氏は語る。今回のショールームにはテスト運営的な側面があるため、運営を通して表面化する課題を一つずつ解決し、今後の出店に向けた知見を得たい考えだ。

無人ショールームの店内。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する