販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

キャンプ場で「カップヌードル」配布 特別な体験を提供し、残ったスープを固めるパウダーも好評

ピカ、日清食品

富士急グループのピカ(山梨・富士吉田)は、同社が運営するアウトドアリゾート「PICAリゾート」のキャンプ場全10カ所にて、日清食品が提供する「カップヌードル」とのコラボキャンペーンを3月31日から実施した。

キャンペーンは、「カップヌードル」を自然の中で食べる経験を造成することで、その特別なおいしさを実感してもらいたいと日清食品が企画した。

ピカのキャンプ場に宿泊するグループ1組につき「カップヌードル」2食を配布すると同時に、日清食品と小林製薬が共同開発した「カップヌードル 残ったスープ固めるパウダー」2包を提供。自然の中で「カップヌードル」を味わったあと、残ったスープはパウダーで固め、そのまま容器ごと燃えるゴミとして適切に破棄するという一連の体験ができるようにした。

「カップヌードル」を無料で配布していることから、「お客さまには大変ご好評いただいております」と、ピカ 営業企画部 小窪里美氏。また、残ったスープを固めることで、燃えるゴミとして正しく処理できるのが便利だとの声も聞かれているという。

キャンペーンはゴールデンウィーク明けの5月9日まで実施予定。配布する「カップヌードル」は、主力の「カップヌードル」のほか、「カップヌードル 旨辛豚骨」など、複数の味から選択できる。

キャンペーンの告知ビジュアル。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する