販売促進の専門メディア

Idea&Techniques

ピップのバレンタイン企画 EXITを起用で閲覧数は倍に

ピップ

ピップは、バレンタインに義理チョコ代わりにピップエレキバンを贈る「ピップエレキバレンタイン」を推奨するため、ピップエレキバンをバレンタイン仕様に包装できるオリジナルパッケージデザインをシェアピップ特設サイトにて公開。さらに、お笑いコンビのEXITを“ピップエレキバレンタイン推進部長”に任命し、2月1日から14日にかけてEXITのサイン入り商品などをプレゼントするTwitterキャンペーンを実施した。

シェアピップは、特設サイトから好みのデザインを選んで「ピップエレキバン」などの商品をラッピングし、メッセージを添えてプレゼントすることを推奨する企画。今回はバレンタイン仕様のデザインを公開した。

EXITの起用は、メンバーのりんたろー。がピップエレキバンを愛用している様子がテレビに映って話題になり、ファンからEXITをブランドキャラクターに推薦する声があがったことがきっかけ。Twitterキャンペーンでは、想定の倍近くの応募があった。また、Twitterのアンケート機能を使ってEXITに商品を渡したいシチュエーションを投票してもらったところ、投票数は900を超えたという。

期間中、特設サイトの閲覧数は期間前に比べ10倍以上に。実際にバレンタインピップエレキバンを贈ったユーザーからは「毎年贈るチョコより喜ばれた」との声も聞かれた。

バレンタイン仕様のパッケージで包装したピップエレキバンを持つEXIT。このコラボがきっかけで初めてピップエレキバンを使ってみたという人もいた。

Idea&Techniquesの記事一覧

Idea&Techniquesの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する