販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

販促コンペ 課題の誌上オリエンテーション(3)

第13回「販促コンペ」で企画を募集する課題は全17課題。協賛企業各社が求める企画の目的や、市場状況、ターゲットなどに加え、表現上の注意点などをまとめた。企画立案に役立てていただきたい。


NO.12 <はごろもフーズ>
「きざみのり」のご家庭での使用量や使用頻度を増やす企画


Q.課題となる企画の目的・目標
きざみのりは、どんな料理にも簡単にアクセントを加えることができます。そんなきざみのりをいろんなシーンに、また、たくさん使っていただけるようなアイデアを募集します。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
近年の市場規模は推定20億円です。夏場のお蕎麦などのメニューへの使用が多いこと、購入者は女性が多いこと、秋冬需要が小さいことが市場特性です。きざみのり市場の悩みとして、1メニューあたりの使用量の少なさ、買い足しサイクルの長さが挙げられます。

Q.課題の訴求ポイント
はごろもフーズのきざみのりは、焼きのりタイプの「サラのり」と、味付けのりタイプの「味きざみ」と2種類です。さらに「味きざみ」は、しょうゆ、わさび、しそ、柚子こしょうなどの味を取り揃えています。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
アイデアの対象は、マーケティング、販促、啓発活動など、制限はありません。まじめなものからユニークなものまで、自由な発想のご提案をお待ちしています。注意点は1点です。レシピ開発については、弊社でも行っていますので、それ以外のアイデアを募集します。

※「サラのり」「味きざみ」「はごろも」は、はごろもフーズ株式会社の登録商標です。


NO.13 <三井ホーム>
戸建住宅検討者が三井ホームの全館空調を知って モデルハウスで体感したくなる企画


Q.課題となる企画の目的・目標
「全館空調といえば三井ホーム」という認知の上で、当社モデルハウスへその体感を求めてご来場いただくことが目的です。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
コロナ禍を背景に、住環境への健康志向がますます高まっています。特に小さなお子さまのいる世帯、身体機能の低下が避けられないご年配世代の建築計画ですと、その傾向が顕著です。他方、全国の住宅着工棟数中、全館空調システムの採用率をみると、わずか2〜3%にすぎず、世の中一般への認知はこれからです。

Q.課題の訴求ポイント
三井ホームは「憧れを、かたちに。」をスローガンとして、「空間演出(設計自由度・提案力の最大拡張)」と「空気品質(健康快適な温熱環境のバリアフリー)」が両立した住まいを提供しています。広々とした空間や大きな吹抜け、ロフトや中2階など、自由自在の提案で住まい手を問わず安心できる空気環境を実現します。三井ホームでは、全国約200のモデルハウスや施設で全館空調が体感可能で、宿泊体験ができる建物もあります。

現在では、木造住宅在住者における加湿機能付きの全館空調導入数&導入率でNo.1の住宅メーカーです。(2020年1月M&A調べ)

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
当社モデルハウスをご見学の際は、冒頭でその主旨をスタッフにお伝えいただけますと幸いです。


NO.14 <三菱地所グループ>
「丸の内ポイント」を起点に、丸の内におでかけしたくなる楽しいアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
「丸の内ポイント」は丸ビル、新丸ビルをはじめとする丸の内のさまざまな店舗で貯めて使うことができるポイントです。そんな「丸の内ポイント」を活用し、丸の内でショッピングやグルメ、アートなどを満喫したくなる、楽しいアイデアを募集します。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
丸の内は、今まで主にエリアの就業者28万人に支えられてきました。ポスト・コロナにおいて、働き方も多様化する中、私たちは丸の内エリアを「多様な就業者100万人が最適な時間に集まる場所」に変えていきたいと考えます。エリアの商業施設も、丸の内ポイントを活用し、幅広い方々がおでかけしたくなる場所にしていきたいと思っています。

Q.課題の訴求ポイント
「丸の内ポイント」は、現在のポイントカードに加え、2021年春にはアプリ版が登場し、ますます便利になります。アプリでは、クーポンやスタンプラリーなどの機能も設ける予定です。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
幅広く自由な販促企画をお待ちしています。可能であれば、施策の効果検証についても記載をお願いします。


NO.15 <三菱電機>
エアコン以外の暖房機器をお使いの方に 暖房強化型エアコンの良さを伝えるアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
当社の暖房強化型エアコン(以下、ズバ暖)は発売以来、毎年販売台数を伸ばしています。一方で依然、他の暖房機器をお使いの方が多いのが課題です。そこで、そういった方々に暖房強化型エアコンの良さが伝わるアイデアを募集します。最終的には「ズバ暖ありませんか?」と指名買いをしていただくことが狙いです。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
エアコンの国内普及率は9割を超えています。冷房の用途で使用されますが、暖房は他機器を使用される方も多いのが現状です。主な想定ターゲットは、新築やリフォームを検討中で、暖房強化型エアコンと通常エアコンの違いがわからない、あるいは他の機器で十分と考えている方です。

Q.課題の訴求ポイント
ポイントは3点です。①ユーザー満足度が毎年90%以上である。②大容量コンプレッサー搭載でパワフル運転。③夏も冬も1台で対応可能。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
こちらの3点を注意していただきたいです。①他の暖房機器を貶める表現はNG(例:火を使わないから安心など)。②エアコン暖房で冷え性が治るなどは、薬機法に抵触するためNG。③媒体出稿ありきではない、斬新なアイデアをお待ちしております!


NO.16 <ミニストップ>
多数の競合店を通り過ぎ、わざわざミニストップへ行きたくなるようなアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
ミニストップが今後も成長していくため、生活者により頻度高く利用していただくことが目的です(客数もしくは客単価の増加を目指します)。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
各チェーンは積極的出店をするよりも、こだわりの商品開発やイートイン設置、サービス導入を行うことで、生活者を飽きさせない工夫に力をいれています。ファストフードやイートインといった部分は他社にキャッチアップされコモディティ化。ミニストップという特徴が日に日に薄くなってきています。コンビニエンスストアという特性上、ターゲットは全方位となりますが、今後獲得していきたい層はF1-2、M1です。

Q.課題の訴求ポイント
ファストフードはミニストップの武器の1つであることは変わりません。ソフトクリームやパフェ、ハロハロといったコールドデザートだけではなく、2021年は家庭での利用を想定した店内加工総菜の販売にも力を入れていきます。また、21年9月にはアプリのローンチを予定しております。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
①店頭 ②アプリ ③SNSを活用した自由な発想でのキャンペーン・集客施策をご提案ください。ただし、店舗スタッフに何かをさせること(店舗スタッフに業務が発生すること)は避けてください。


NO.17 <ロート製薬>
男性がスキンケアをしたくなるアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
スキンケア習慣が定着していない男性(洗顔料までは使用をしているが、保湿ケアなどのスキンケアを実施していない人)が、化粧水・クリーム・美容液などのスキンケアアイテムを使用したいという気持ちになる企画を募集します。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
男性スキンケア市場は成長している市場です。男性スキンケア率は女性と比べて低く、若年層ほど使用率が高い傾向がありますが、30〜40代以上の世代はスキンケアをする習慣が定着していない人が多いのが現状です。ただ、男性は社会人になって毎日の髭剃りによる肌ダメージや乾燥、UVケア率も低く30代〜40代頃からはシミ・シワといったエイジング悩みも顕在化してくるため、スキンケアをすべき理由はいろいろと持っています。

Q.課題の訴求ポイント
今までスキンケア習慣が定着していなかった男性が、「自分もスキンケアをしよう」と思うきっかけとなるよう最適な接点とメッセージ。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
製薬会社としての最低限の品位は保ったものであること。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する