販売促進の専門メディア

販促会議 企画コンペティション

販促コンペ 課題の誌上オリエンテーション(1)

第13回「販促コンペ」で企画を募集する課題は全17課題。協賛企業各社が求める企画の目的や、市場状況、ターゲットなどに加え、表現上の注意点などをまとめた。企画立案に役立てていただきたい。


NO.01 <アレフ>
親子が一緒にびっくりドンキーを利用したくなるようなアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
最近1年間でびっくりドンキーに来店いただけていない主要客層のひとつにファミリー層があるので、今回は親子にフォーカスを当てて「一緒に来たくなる」アイデアを募集します。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
当社においては、年に数回利用のライトユーザー層から1年間に一度も利用しない離脱層への移行が確認されています。このライトユーザー層および離脱層は主にファミリー層であることが多いので今回は、「親子」に対して訴求して集客します。

Q.課題の訴求ポイント
①はしで食べることのできるふわっとジューシーなハンバーグです。 ②しょうゆベースのソースでごはんと味噌汁との相性が良いです。 ③個性的な店内や広々使えるテーブル、ゆったりしたソファがあります。 ④ハンバーグパティは、必要な量を毎日工場で製造し、冷凍せずに冷蔵の状態で配送しているので保存料などの添加物を使用していません。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
「びっくりドンキー」のイメージを極端に変えること、商品の安売りはご遠慮ください。ハンバーグ自体の味を変えることはできません。予算レベルは、テレビCM、ウェブ企画、店内POPを含み、必要に応じて商品開発も行うことができます。


NO.02 <伊藤忠製糖>
液体タイプのフラクトオリゴ糖「沖縄・奄美のきびオリゴ」を使いたくなるアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
沖縄・奄美のきびオリゴは、「国産のさとうきびだけ」でつくったフラクトオリゴ糖シロップです。商品の認知度向上と「消費者が使ってみたい」と思うアイデアを募集します。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
オリゴ糖の市場動向としては、近年の腸活ブームを背景に徐々に購入層が広がりカテゴリー全体の売上は増加傾向です。オリゴ糖の家庭用市場の売上状況としては、歴史の古い上位二品類(トクホ、北海道訴求品)が規模の大半を占めている状況です。近年は、特に「さとうきび」や「てんさい」といった直感的にナチュラルで「国産」を訴求した製品がより選択される傾向が見受けられます。想定されるターゲット層は、このような価値観がベースにあり、より美味しく、体に良いものを積極的に取り入れたいと思う30代以上の女性を想定しています。

Q.課題の訴求ポイント
「きびオリゴ」を使ってみたいと思う仕掛け、売り場での訴求を含めウェブやSNSなどの活用を含めた幅広い企画立案を期待します(まじめなものからユニークなものまで可)。今春より大容量製品(800g)も発売開始します。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
本品は、一般食品であり「効果効能」については表現することができませんので関連法規にはご注意ください。


NO.03 <井村屋>
井村屋こだわりの冷凍ゴールド中華まんシリーズを「買いたい!」「食べたい!」と思ってもらえるアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
2014年に発売した「ゴールドまん」シリーズは、ご評価いただき多くの方々に召し上がっていただいております。今後もより多くの方々にゴールドまんを「買いたい!」「食べたい!」と思っていただくためのアイデアを募集します。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
冷凍食品の需要とともに、冷凍中華まんの需要も増えております。今後も冷凍中華まん需要が見込まれる中で、中華まんロイヤルユーザーである40〜60代から若年層まで幅広く対象として「井村屋ゴールドまん」に魅力を感じていただき、購買までつなげていきたいと考えています。

Q.課題の訴求ポイント
「ゴールドまん」は、長年培ってきた中華まんの技術と総力を結集した本格的な商品です。また、簡単に電子レンジ調理ができる個包装もご好評いただいております。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
①課題対象商品は「冷凍ゴールドまん」。 ②他の中華まん商品を否定しないアイデア。 ③商品スペックは変えないアイデア。


NO.04 <エディオン>
家電が必要になったときに、エディオンに相談したくなるアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
数ある家電販売店の中から「まずエディオンを選んでいただける」プロモーションを実施し、来店数UP→購買件数UPを促したいと考えています。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
家電市場規模は7兆円(うちネット市場構成20%)、人口減・世帯数減により市場規模縮小を予測しています。家電量販店は幅広い商品群を取り扱うため、ターゲット層も老若男女幅広い一方、若年層の顧客化は課題。エディオン店舗は、駅前ではなく住宅地に近い郊外立地が多く、接客サービスを重視した営業スタイルです。

Q.課題の訴求ポイント
家電は、食料品などと比べると購入頻度は著しく低くかつ高額であるため「失敗したくない買い物」であり、数ある中からの1つを選ぶことは「非常に手間のかかる買い物」だともいえます。そこで「接客」という行為を「自分で調べたり選んだりする労力をエディオンスタッフが肩代わりしてくれるサービス」だと考えれば、情報過多な時代でのエディオンスタッフの役割は大きいと考えることができます。事実、私たちは接客を「商品説明すること」ではなく「お客さまのお困りごとを解決すること」だと考えています。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
特にありません。


NO.05 <牛乳石鹼共進社>
20代〜30代女性が「カウブランド 無添加フェイスケア」を使いたくなるアイデア


Q.課題となる企画の目的・目標
競合他社より「認知率」が低い点と、「無添加」は使い心地が悪そうというイメージから、汎用商品に比べて「トライアル」が低い課題があります。これらの課題を解決でき、20代〜30代の女性が「カウブランド 無添加フェイスケア」を使いたくなるようなアイデアを募集します。

Q.市場の背景、動向や想定ターゲットの特徴
無添加市場(※リンスオフ製品のみ)は年々拡大しており、競争の激化や新規参入の増加など、多くの無添加商品が展開されています。メインターゲットは、敏感肌意識の高い20代〜30代女性の方ですが、使い心地にこだわっていますので、敏感肌の方以外にもお使いいただきたいと考えています。

Q.課題の訴求ポイント
肌へのやさしさだけでなく、毎日使いたくなる心地よさにもこだわった商品です。天然の植物性洗浄成分や植物性オイルなどを使った、刺激の少ない処方で、お肌に負担をかけることなく、やさしく汚れやメイクを落とします。天然由来のうるおい成分「セラミド」配合で、デリケートなお肌の大切なうるおいも守ります。

Q.企画にあたってのトーン&マナーおよび注意点
過激なアイデアや危険なアイデアは避けてください。品質感があれば、ユニークなものでもOKです。自由に発想してください。

販促会議 企画コンペティションの記事一覧

販促会議 企画コンペティションの記事一覧をみる

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する