販売促進の専門メディア

アクティベーションツール

ライブコマースサービスの事業譲渡に見る今後

横田亮介(Candee)

2021年2月5日より、日本ユニシスがライブコマースサービスの提供を開始した。日本ユニシスはSTARPからライブコマースCMSパッケージ「Live kit」を事業譲受、上記日程よりサービス開始の運びとなった。

Live kitとはどんなサービス?

Live kitとは、簡単にいえば誰でもライブコマースできるというサービスである。もう少し詳細に書くと次のようなことができるサービスとなっている。「自社ドメインでのライブ配信」「コメント」「物品の販売」「投げ銭」など。このような機能がLive kitを導入することで利用可能となる。

もともと事業譲渡される以前のLive kitはどのような場面で使われていたのか。少し調べてみたが、いわゆるアパレル系もしくはコスメやジュエリーなどの物販、またはVTuberなどエンタメ系の分野でLive kitは使用されていたようだ。つまりライブコマースが成功しているといわれている中国でのライブコマース使用用途を踏襲した内容である。

※VTuberに関してはライブコマースも行っているもののおそらくこれは投げ銭機能をメインで使用した事例と思われる。

事業譲渡後の日本ユニシス

現在、日本ユニシスより発表されているライブコマースの使い道は以下の通り。

●EC通販事業者や各メーカーにおけるライブ配信を活用した商品プロモーションや販売
●新型コロナウイルス感染拡大の影響下での動画レクチャー配信
●旅行/音楽/エンタメ系におけるコンテンツのライブ配信

上記についての正直な感想としては「今までと同じような用途だな」である。確かにレクチャー動画や旅行などは...

あと60%

この記事は有料会員限定です。購読お申込みで続きをお読みいただけます。

アクティベーションツール の記事一覧

ライブコマースサービスの事業譲渡に見る今後(この記事です)
生活者にSNSでシェアされるコンテンツとは?
位置情報によるアカウンタビリティ強化
ページをめくらせる行動を誘引する仕掛け
普遍的なパッケージだからこその空気感
「ライブコマース×あと値決め」、ポストプライシングを用いた効果測定
空きスペースをOOHとして表現のキャンバスに
音声メディア活用で検討すべきこと
リアル店舗での、ARテスター活用アイデア
伝統と革新を感じる、手土産にしたいパッケージ
ライブ配信の効果が求められる1年
『仮想世界』としてのゲームの大きな可能性
想いを形にできるメディア
当たり前となったリモート接客の什器
愉快なパッケージデザインたち

おすすめの連載

特集・連載一覧をみる
販促会議Topへ戻る

無料で読める「本日の記事」を
メールでお届けします。

メールマガジンに登録する